スポーツ

福本豊×江夏豊「プロ野球豪快放談」<「最近の球界」にモノ申す編>(3)独走を許す情けないチーム

江夏 特に我々はV9の時代だから。巨人を倒せ、巨人に追いつけ追い越せが合言葉だった。巨人戦の1勝と他チームでの1勝は価値がまったく違った。巨人イコール「ON」。絶対に勝ちたいチーム、絶対に抑えたい打者がいた。今の選手は巨人より広島に勝ちたいとなってるんじゃないかな。

福本 広島は打線がしっかりしている。負ける気がせんやろね。3点ぐらい先に取られても、いいハンデぐらいの感じで楽しんでやっている。序盤は打てなくても、中盤から終盤にかけて打線がつながってババッといきよる。9回にひっくり返すとか、劇的な勝ち方が多い。それもホームのマツダスタジアムで強いし、お客さんも熱狂的で、チームを乗せとるね。

江夏 カープはキャンプの練習の段階から他のチームと一味違う。オレはカープに在籍したのはわずか3年だったけど、当時からやっぱり違った。練習時間が長いとか夜間練習をやっているとか、それ以前の問題。練習に臨む姿勢。これはカープの伝統だろうね。巨人とは練習に取り組んでいる姿勢そのものが違うと感じる。

福本 夕方になってもガンガン打って、いつまでもグラウンドにおるから。主力に同じような年代の選手が多いし、刺激し合っている。それをまた若い選手が見て、あの人に追いつけ、追い越せとなるわけやな。

江夏 カープだけでなく、今の野手はバットをよく振っていると思う。それに比べて、投手はキャンプ通算の球数が少ない。それははっきりしている。だから打高投低の時代になっているんだよ。だけどその割りには、投手が球場にいる時間が長い。トレーニングの機材を置いている部屋で和気あいあいとやっている。あんなのを見たら、キャンプって、これでいいんかと思う。もっと、時間的にもやらなければいけない期間なのに。そう感じるよね。

福本 阪急のキャンプもキツかった。パ・リーグで勝っても、日本シリーズでは巨人に負けてばっかりやから、どうにか日本一になるための練習をやってた。今の広島も、阪急の黄金時代と同じ感じやと思う。他のチームが死ぬ気で倒しにいかなアカンな。

江夏 初めから2、3位を狙うチームはないだろうけど、クライマックスシリーズができて、そういうシステムになってしまった。優勝できなくても日本シリーズに出るチャンスは残されているから。

福本 独走を許している他のチームは情けない。巨人もエースの菅野をぶつけても、まったく勝てない状況が続いている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!