芸能

真木よう子&井上真央、“失意の2女優”が輝きを取り戻していた場とは!

 映画「血と骨」などの脚本家として知られる劇作家で、演出家の鄭義信氏が初メガホンを取った「焼肉ドラゴン」。

 6月22日から公開され、初登場は7位の好成績でスタート。主要キャストには、真木よう子、井上真央、大泉洋ら演技派の俳優陣が顔をそろえ、とりわけ真木と井上、2人の共演については公開前から大きな注目を集めていた。

「昨年放送の真木主演のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)は、平均視聴率4.5%とシャレにならない大惨敗でした。また、8月31日から公開されている映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』にも、当初出演予定でしたが、体調不良を理由に降板を発表。さらに、写真出版のためにクラウドファンディングで制作費集めを始めましたが、それをコミケで販売すると告知して大炎上。結局この企画は、途中でコケました」(芸能ジャーナリスト)

 つまり、昨年は真木にとってコケ続きだったのだ。

 一方、井上も2016年の事務所移籍後に挑んだ主演ドラマ「明日の約束」(フジ系)が、平均視聴率5.7%と振るわず、黒歴史となってしまった。

「そんな状況下で、『焼肉ドラゴン』で見せた2人の演技には、鬼気迫るものがありました。井上は、今までにない大胆な艶シーン。不貞相手を誘う濃厚なキスシーンがかなり衝撃的でした。真木は、一生足が不自由となるケガを負った女性役。どちらも、これまでとは違った役どころを演じています。真木演じる静花は、大泉扮するかつての恋人・哲男と井上扮する妹・梨花の婚約を祝いながらも、心に傷を負っているという役どころ。真木と井上の静かなバトルは、二人とも、女優として存在感を示したいタイミングとあって、映画の見どころの1つと言えます」(前出・芸能ジャーナリスト)

 ドラマで大コケした2人だが、映画(東京での公開は9月6日で終了)は、大ヒットとはいかなかったようだが、二人の演技は好評のようだ。負と負のオーラが掛け合わさって映画にとってプラスとなったというのは言い過ぎ!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方