芸能

みやぞんの次は誰?早くも浮上した来年の24時間テレビランナーの2候補とは

 8月25~26日に放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)にて、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんがトライアスロン形式でのチャリティーマラソンに挑戦し、みごと完走を果たした。しかしその舞台裏は騒然としていたという。

「みやぞんが痛み止めを服用しながら走るシーンでは、例年以上に『走る意味』が議論の的となり、猛批判を浴びました。特に今年は温度計が41.3℃を超える場面も映し出されるなど酷暑の中で実施されたため、番組中には苦情の電話が殺到。『みやぞんをツブす気か!』などと殺気だった声も少なくなかったようです」(業界関係者)

 しかしチャリティーマラソンへの批判は毎年のようにわき起こっているため、日テレではどこ吹く風。早くも来年に向けてチャリティーランナーの人選を始めているという。ただし毎年恒例の番組における常として、何かしら新しい要素を付け加える必要もあるようだ。そこで名前のあがっている候補者について、前出の業界関係者が耳打ちする。

「さすがにトライアスロンまでやってしまったとあって、来年はハードルを下げる方向のようです。そうなると、体力自慢のタレントを起用しづらいため、次回は女性ランナーの可能性が高い。その上で新機軸となると、過去の女性ランナーでは例のないコンビやグループがアイデアの一つ。ブレイク中のお笑いコンビ『ガンバレルーヤ』なら、その“頑張れるーや”ぶりをアピール可能です。ほかにはNGT48が、新潟から東京・日本武道館まで史上初の駅伝形式で走るというアイデアもあるとか。これだと一人当たりの走る距離を短くできますし、NGTのレギュラー番組『NGT48のにいがったフレンド!』を放送するテレビ新潟は都合のいいことに日テレ系列。前例のない駅伝形式は他グループにも応用可能で、候補者はほかにもいそうですね」

 長距離の駅伝では24時間に収まらない可能性もあるが、今年のみやぞんは「24時間テレビ」の放送スタート前にトライアスロンをスタートするという前例を作っていた。これも来年に向けての布石だったのかもしれない。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」