芸能

宮根誠司、台風並みの勢いで気象予報士・蓬莱さんの話に割り込み非難の嵐!

 関西国際空港が高波で水没するなど、四国や近畿地方を中心に大きな被害をもたらしている台風21号。9月4日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では大阪・読売テレビの制作とあって、いつにもまして熱心に台風情報を伝えていたが、その番組中に司会者の宮根誠司が不愉快な言動を連発し、視聴者からの大ブーイングを浴びせられたという。

 この日は同番組でレギュラーを務める気象予報士の蓬莱大介氏がほぼ出ずっぱりで出演し、台風についての情報を提供。現地からの映像も交えて緊迫した様子で最新情報を伝えていた。ところが蓬莱氏が状況を説明している最中にも宮根がちょくちょくと口を挟み、肝心の説明が聞こえなくなるなど、番組の進行を妨げていたというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「たとえば関空の滑走路が海水に覆われた場面では、蓬莱さんの説明をよそに『滑走路に船がある!』と半ギレぎみに絶叫。また『ここ飛行場ですよね?』と確認する蓬莱さんに、『空港やから当たり前やん!』と意味不明の怒りをぶつける始末です。さらには大阪市内を流れる淀川が増水し、蓬莱さんが『淀川の近くの方は逃げてください』と呼びかけているのに、一人で勝手に興奮して『こんな淀川見たことあります!?』とどうでもいい感想を被せるという司会者にあるまじき姿を露呈していました。そんな宮根に嫌気がさして『もうNHKにする!』とチャンネルを替える視聴者が続出。中には『そんなにしゃべりたければお前が現場中継に行け!』という怒りの声もあがっていましたね」

 その宮根は以前から、蓬莱氏に対してのアタリがキツイと言われていた。それは宮根なりの愛のムチなのかもしれないが、視聴者の目には単なるパワハラに映っているということをわかっていないだろうか。

「しかも共演者をイジる余裕のある平常時ならともかく、台風直撃という緊急時にもそのパワハラぶりが止まらないのですから開いた口がふさがりません。今日の視聴者はほぼ全員が『蓬莱さん、頑張って!』という心境だったことでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 台風21号は日本海に去ったが、宮根という“厄介な台風”は「ミヤネ屋」に居残り続けるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!