芸能

ビートたけしの名言集「北野武監督が嫌いなタイプの役者を語る」

「よく考えりゃ、お前、俺の映画で役者やったりしてたんだから、マネージャーに言って、何でもいいから役者の仕事なんかも入れてもらえよ」

 つい先日、唐突に殿から頂いた大変うれしいお言葉です。そうです。わたくし、埼玉の下から数えて2番目の県立高校中退のアル北郷は、あまたいる殿の弟子「たけし軍団」の中でも、何気に北野映画最多出演を誇っており、今日までに7本の北野映画に出演させていただいた過去がございます。はい。

 もちろん、その理由は、ただただ殿の付き人を7年もやっていたため、何かと殿の目に止まり、その結果、「ちょっと役が増えたけど、今から役者呼んでオーディションするのもめんどくせーから、あの役、お前でいいや」といった、“仕方ねーからお前で”的な流れでの出演が多く、説明するまでもございませんが、“あいつ、顔はひどいが演技には何か光るものがある!”といった理由とかではまったくありません。

 が、どんな理由にせよ、ビートたけし原理主義者であり、北野映画の熱狂的フーリガンなわたくしにとって、「北野映画に出演」といった事実は、最大級の喜びであり、〈殿の弟子になってよかった〉と、心底思える瞬間だったりします。もちろん、恐ろしく緊張も伴いますが‥‥。

 で、監督付き人、そして、一応は役者として北野映画を至近距離で見て、体感したわたくしが思うに、北野武監督は、役者に対して大変ドライです。余談ですが、かつて殿と対談された、劇作家であり自身も映画を撮る松尾スズキさんも「そういった印象がある」とおっしゃっていました。

 では、どの辺がどうドライなの? これはもう有名な話だと思いますが、殿は役者さんに対して、演技指導をほとんどしません。殴ったりするアクションシーンでは、さすがに動きを役者さんに付けますが、それ以外の普通のお芝居の時は、基本、殿からの演技の注文はありません。

 殿のそんなやり方を見るまで、映画監督たるもの、誰もが役者さんに対し、細かな演技の注文をつけるものと思っていたため、殿のこういったスタイルにはかなり驚きました。

 で、これはわたくしの勝手な推測ですが、きっと殿の中で“だいたい言わなくてもプロなんだから、どういう演技をしたらいいぐらい、わかるでしょ?”的な思いがあるのではないかと。

 そんな北野武監督が役者について、かつて何度も言っていた発言があります。

「よくいるだろ。『監督、ここはこうしませんか?』なんて言ってくる役者が。あーいうのは大っ嫌いだね。あとよ、女優でいるだろ。男に捨てられたシーンなんかで、雨の中おっぱい出して、ギャーギャー騒いでのたうち回った芝居して褒められてるヤツが。あーいうのも嫌いだね」

 誰のことをおっしゃっているのかよくわかりせんが、とにかく殿は、勘が悪く、空気の読めない役者さんが、苦手なようです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!