スポーツ

藤田菜七子「GI獲り」のキーマンが独占証言!(2)口癖の「すみません」はダメ

 ただ、お世辞にも、まだ「腕達者」と呼ぶには早すぎるようにも映るが、スポーツ紙記者によれば、

「今は逃げるか、外から追い込むか。馬群を割って抜け出してくる技術はまだまだですね。過去に、馬を抑えきれずに落馬したことがトラウマになっているのかもしれません」

 しかし、スタートセンスは、デビュー時から非凡だったという。

「所属先の根本厩舎では、85年の桜花賞を快速娘エルプスで制した木藤元騎手が調教助手をしていて、スタート時の手綱さばきだけではなく、ゲート内でのたてがみの持ち方、馬をリラックスさせるテクニックなどのアドバイスをもらっていました」(スポーツ紙記者)

 師匠である根本調教師も85年天皇賞・秋で大波乱を演出するなど、名ジョッキーとして活躍した一人だ。

「皇帝シンボリルドルフをギャロップダイナで大外から一蹴した名手。87年にはメリーナイスでダービーも制しています。菜七子騎手は、そうした名手たちに囲まれているだけに、まだまだ逃げも、追い込みの腕も磨かれると思いますよ」(スポーツ紙記者)

 専門紙トラックマンも、「菜七子ちゃんは、すごく向上心が旺盛です」として、ふだん見せない裏の素顔をこう明かす。

「武豊(49)や福永祐一(41)といった一流ジョッキーたちにも臆することなく、質問をぶつけている姿をよく見ます。菜七子ちゃんは逃げる競馬をすることも多いのですが、ただ逃げるだけでは勝てませんからね。ペース配分や息の入れ方などを聞いているみたいです」

 そうした努力のかいもあり、勝ち鞍を伸ばしている一方、心の面では課題も。

 5月16日、美浦の奥村厩舎の新人歓迎会の席で、奥村武調教師(42)と膝を突き合わせて何やら話し込んでいたが、その中身をトレセン関係者が振り返る。

「先生から『もっとポジティブに競馬と向き合ってみては?』という旨のアドバイスをもらっていました。彼女の口癖は『すみません』なんですが、先生の『スタッフにも“すみません”ではなく、馬のよかった点を報告するといいんじゃないか』『競馬が好きであれば、乗っていくうちに技術は身につく。もっと楽しく乗ったほうがいい』という言葉に、菜七子ちゃんも納得しているようでした」

 奥村師の助言の効果か、3日後の新潟で1カ月ぶりに勝利を飾っている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!