芸能

石橋貴明が後輩芸人に「仕事くれ」と泣きついた(2)吉本芸人の東京進出に反発

 民放局関係者が声を潜めて言う。

「実は石橋は、『みなさんのおかげでした』の終了と相前後して吉本の後輩タレントと次々と共演し、“和解”ムードを演出しています。かつては石橋サイドが吉本芸人との共演を『ラインが違う』と拒否していた。例えば、不仲と言われていたダウンタウンの後輩にあたる今田耕司や千原兄弟の千原ジュニアとは今年になって初共演。さらには、『たいむとんねる』では20回の放送中、3回も吉本芸人が出るなど、急接近を仕掛けているのです」

 こうした背景には、石橋が“後ろ盾”とするフジテレビとの関係が冷えきっている事情がある。フジ関係者が明かす。

「そもそも『たいむとんねる』が始まる今年4月までに、タカさんが複数のコント番組の企画を持ち込んでいましたが、最終的に予算の問題で全て没になっている。フジはバラエティーでは比較的予算が潤沢なほうですが、それでも冠番組が作れないとなると、他のパトロンの存在が不可欠。そこで浮かび上がったのが、ほかならぬ吉本の存在だったんです」

 吉本興業といえば、「笑いの殿堂」として今や全国区の知名度を誇るが、東京への本格進出を図ったのは80年の東京支社開設以降のこと。90年代には、ダウンタウンの東京進出に一役買ったものの、現在のような全国区の番組に欠かせなくなったのは、00年代に入ってからのことだった。古参のお笑い関係者が振り返る。

「吉本の東京進出で大きな役割を果たしたのが、11年にヤクザとの親密交際が発覚して電撃引退した島田紳助(62)でした。彼は田原総一朗氏に請われて、90年から『サンデープロジェクト』の司会で報道番組に進出。その一方で、バラエティーでも数々のタレントをブレイクさせるなどの手腕を発揮し、吉本芸人の東京進出の先導役となった経緯がある。これに敵愾心を抱いたのが、ほかならぬタカさんだった。タカさんはキー局のバラエティーのMC(進行役)に次々と吉本芸人が抜擢されたことに警戒心を抱いて、東京の芸人の再集結を呼びかけていた。中でも有名なのが、09年に紳助が司会を務める『オールスター感謝祭』で、生放送中に東京03に対し『挨拶がない』と胸ぐらをつかんで恫喝し、それが画面に映り込んでしまった事件。それを知ったタカさんは怒り心頭。『みなさんの──』の中で紳助の口癖をギャグに使って揶揄するなど一流のしかたで昇華しつつも、吉本芸人とは明らかに一線を画していました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…