芸能

細川たかし、“演歌歌手は超歌上手”を証明した「演歌の乱」に恒例化希望の声!

 9月25日放送の「演歌の乱~ミリオンヒットJポップで紅白歌合戦SP~」(TBS系)が大反響を呼んでいるようだ。

 歌唱力の高さに定評のある演歌歌手がJ‐POPの大ヒット曲、最新ヒット曲を歌いあげたこの歌番組は、これが第2弾となる。第1弾は2017年12月9日に放送されたのだが、“土曜の昼下がり”という放送時間だったため、あまり注目されなかった。しかし、第2弾はゴールデンタイム放送となり、晴れて注目の的に。

 放送日前から番宣CMとして細川たかしがTUBEの名曲「さよならイエスタデイ」を伸びのある声で歌いあげる動画が流れ、ネット上では、放送開始直後から「細川たかしの“さよならイエスタデイ”はまだ?」「たかしのTUBEを早く聞きたい」「こんなに細川たかしの出番を待つ日が来るとは思ってなかった私は21歳」など“細川待ち”が続出。

 そして、番組中盤に登場した徳永ゆうきにより空気はさらに一変。米津玄師を一躍有名にした「Lemon」をはかま姿で熱唱すると「徳永くんスゴイ!」「和風Lemonめっちゃいい」「ソッコー録画した」など大きな声援が巻き起こった。

「細川はこの番組が人生初のMCでしたが、大御所感とユーモアを融合させたトークで番組を進行。視聴者からは『また見たい』『恒例化して』『細川たかしは歌もしゃべりもすごくいい』といった声があがっているのだとか。もちろん番組のトリで歌った『さよならイエスタデイ』にも『すっごく元気もらえる1曲』『フルコーラス聞けて感激』『リズム感は演歌のままなのに、それもアリって思わせる歌唱力がハンパない』など称賛の声が噴出しています」(テレビ誌ライター)

 角川博が歌う「SEKAI NO OWARI」の「RPG」、走裕介が歌うAI「Story」、市川由紀乃が歌う浜崎あゆみ「SEASONS」など、視聴者の心を大きく揺るがしたこの歌番組。第3回の放送があれば、さらに大きな話題になることは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」