芸能

後藤真希、高島彩、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

 11年12月4日の幕張メッセでのラストライブを最後に活動休止に入った後藤真希(27)だが、年明け早々に新たな活動をスタートさせそうだ。それもファンをアッと驚かせるような‥‥。

「13歳から走り続けてきて、作られたゴマキでいることに疲れた」

 ラストライブを追ったドキュメント番組の中で、後藤はこう語っていた。実際、休業中の生活ぶりは、そんな発言を裏付けるようなものだったという。後藤の知人からの情報として、芸能ライターの松本佳子氏は、こう語る。

「ほとんど引きこもり生活でしたね。朝から晩までゲーム三昧。まるで現実逃避しているかのよう。でも、さすがに1年も続けてそんな生活に飽きてきたようです」

 その一方、後藤の行きつけの美容院のブログには、来店の様子が毎月アップされていた。

「9月23日の誕生日前日も来ていますから、誕生パーティでもやったのかもしれませんね。髪を少し切ってマロンカラーに染めた写真は本当にキレイでした」(別の女性芸能ライター)

 実はこの1年、ゴマキにはヌード写真集出版やAV出演の情報が幾度となく浮かんでは流れていたが、結局は立ち消えとなった。

 だがここへ来て、意外なラインからAV出演話が急浮上してきた。07年に窃盗、強盗傷害で逮捕され、懲役5年6月の実刑判決を受けた実弟(26)絡みの話である。

「弟はすでに出所しているようで、最近、地方で自動車免許を取り、今は東京の自宅に戻ったそうですが、まともな仕事に就けていない。そのため本人は風俗関係の仕事をやりたい意向で、その資金を欲しがっている」

 こう語る芸能プロ幹部によれば、いったんは実弟自身が男優としてAV出演するという話も進んでいた。しかし子供がいることなどが理由で、結局断念。ならば姉のゴマキに出演してもらえば、という話になったのだ。

「実は過去に1度、モー娘時代のゴマキに“ソフトAV”出演の話が浮上したことがあります。内容は“ダンサーのサクセスストーリーで、濡れ場がある”というもの。これを、つんく♂にオファーしたところ、濡れ場はダメ、という理由でボツになりました」(前出・芸能プロ幹部)

 そのプランが今、再浮上しているというのだ。

 この情報を追いかけているうちに別のルートから、この裏付けとも言える“ソフトAV”情報が入ってきた。

「ある有名グラビアカメラマンが、ゴマキの動画(ムービー)を撮るという話です。ヘアまでは映らず、内容はセクシー映像が中心だそうです。ただし制作はAVメーカー。年明けに撮影して、春から夏にかけてリリースされる予定です」(業界関係者)

 セミヌード写真を撮った経験を下地に、ここは「迫真の初カラミ」を、ぜひ見せてほしい。

 

 フジテレビを寿退社しても依然、高島彩(33)は存在感抜群だ。だが、そんなアヤパンでも、その美貌を曇らせる悩みがあるようだ。

 夫のゆず・北川悠仁(35)サイドの関係者が証言する。

「高島に子供が生まれていないことです。というのも、北川と高島の結婚の日取りは、宗教団体『かむながらのみち』の教主である北川の母のアドバイスだったというのが、信者や周囲では定説になっている。何でも、そのとおりに式などを行えば、子宝にも恵まれるとか‥‥」

 常識的に考えれば、妊娠出産はきわめて個人的かつ自然の流れのたまもの。人智でどうにかするには、おのずと限界もある。しかし、神頼みならぬ、神の意志となれば話は別なのか。この関係者が続けて話す。

「信者の間では、やはり高島の子供への関心は高く、信者の一人は『不妊治療も行っているんだって』と周囲に話しています。治療うんぬんはともかく、実際問題として北川の母は、教主の教えとして良妻賢母を説いています。信者たちが、教主の気持ちを忖そん度たくして、いろいろ動いてしまうのかもしれませんがね」

 こうなると、高島が受けるプレッシャーも気になるところだが、彼女に近いテレビ関係者からはこんなエピソードがもたらされた。

「彼女と親しい人間が『赤ちゃんのほうは?』みたいにさりげなく聞いたら、『欲しいんだけどね。なかなか‥‥、ね』と言葉少なだったそうです。実際、今の仕事量を見ても、彼女の実力と人気を鑑みれば、それほど多くはないんですね。これは、高島サイドでセーブをかけていると考えるのが普通。(仕事に対して)責任感の強い彼女だけに、妊娠、出産の可能性も考えているのかもしれません」

 それでも、北川周辺から出ている“不妊治療説”に関しては、

「具体的な話は聞いていません。基礎体温をつけているとか、ルーティンな噂なら、耳にしたことがありますが、その程度です」(前出・テレビ関係者)

 いずれにせよ、年齢的にもアヤパンにとっては悩ましい話題であることに違いはないだろう。さらにもう一つ、悩ましいことがある。この子作り問題からもわかるように、北川母との関係、つまり嫁姑の関係だ。民放テレビ局関係者が言う。

「やはり、高島が仕事を辞めないということが姑さんにとっては、おもしろくないようですね。まあ、これは以前から言われていたことですけど。ただ、高島もある意味開き直っていて、“結婚”という事実をもって、少しずつ妻の強みを発揮しているようです」

 妻は強しということか。もっとも、ちょっと心配なこんな情報も。

「『(北川が)結婚前よりは、優しくない』と高島が親しい人にグチったとか」(前出・テレビ関係者)

 まあ、考えようによっては、これもまた妻の余裕とも取れなくないが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…