社会

マツコVS井筒対談(1)「ニッポンのボケナス、シバいたるっ!」

 井筒監督と盟友のマツコ・デラックスが年末大放談! 「安倍自民圧勝」の結果には2人そろってお怒りの様子。その遠因に「国民を不安がらせた維新」があると分析する。2012年の総決算「紅白歌合戦」にも「値打ちなしのゼロ金利」とバッサリ斬り捨てる。はたして新年はどんな年に!?

マツコ(以下=マ) 監督、「黄金を抱いて翔べ」ではたいへんお世話になりました。

井筒(以下=井) こっちこそや。ほんま、お客はビックリ笑いしたやろね。

 ほんと、あんなにたくさん撮ってて、実に貴重な数秒間だったわ(笑)。

 ガハハ! あれ以上はアカンやろ!

 そお? ワタシ、チャンミン(東方神起)の代わりだってできたと思うよ。

 アホか! そんな客のドギモ抜きっぱなしでどないすんねん(笑)。いや、でもほんま、感謝してます。

 「黄金」を観て思ったのは、浅野忠信が演じた北川って男が、本当はどんだけ悪人なのかしらってことよね。怖かったわ~。最後は仲間の桐谷健太まで殺しちゃったんじゃないかって。

 何でやねん!? っていうかそれもまたオモロイ。最近のミステリーとか、何でもかんでも説明して、広げた風呂敷を慌てて折りたたんでいくクイズ番組みたいなもんばっかり。高村薫女史の哲学はそういう単純なものと違うからね。

 高村ファンの2丁目仲間も「よかったわ~」って言ってた。

 うれしいね。真夜中に2丁目にチラシ配りに行ったかいがあったわ(笑)。だけど映画はどんな陰惨な世界でも、映画館出たら終わりやけど、ニッポン劇場はヤバイぞ、あの安倍晋三!

 ほんとよ。あの人の言ってることって、真剣に怖いんだけど。

 誰が選ばれたってロクなもんやなかったけど、いちばんヤバイよな、安倍は。

 どうせ消去法で安倍になったんでしょ?

 監督もよく言ってるけど、誰に投票したいかより誰を政治家にさせたくないかを書かせる選挙。それも1つの選択肢として与えられてもいいんじゃないかと思うよね。

 そう、コイツだけは絶対落としたいってのは、選挙民全員にあったはずや。

 その1票をマイナス1票で数えるのよ。候補者によっては、得票数がマイナスって人も出てきて、得票のグラフがどんどん目減りしていったら痛快よね。

 いちばんわかりやすい。それが民意を目のあたりにする瞬間やな。開票率5%で「落確」とか出たら笑うで!

 落選確実ってやつね。

「落確が出ました維新陣営から生中継です」とか、盛り上がると思うけどな。有権者がバンザイして、視聴率80%はいくやろ。バラエティとして成立するわ。

 アハハハ!

 でもさ(写真見ながら)コレ(安倍)か、コレ(野田)か、コレ(石原・橋下)か、こんな選択を迫られた国民の悲劇よね。

 考えただけで逃げ出したくなったわ。

 ちょっと高揚させるようなことを言って、マユツバものの経済政策を語って、それだけで素直に言うこと聞いちゃう人たちもどうかと思うけどね。

 今回、戦後最低の投票率やろ。つまり、保守派しか選挙に行かなかったわけよ。例えば東京は保守派とリベラルが東西でわりとパキッと分かれてるんやけど世田谷なんて山の手だとか言いながら、ベニヤ板みたいな薄い壁のアパートでくすぶってる人も多いやろ。そんな連中が今回は選挙を辞退した。一方で港区とか、昔から根づいて、財産が1億円以上あって、こじゃれたもん着て遊び暮らしてるようなジジイやババアがワンサカおんねん。買い物にBMWかベンツ走らせて坂上ったり下りたりしてるだけの連中が。そんなヤツらは「やっぱり自民よ」と、こぞって投票に行きよった。

 あははは。坂が多いもんね、このあたり(笑)。

 そういう現象が日本中で起きたんだと思うね。つまり、リベラルなヤツらが引かれる党が何もなかった今回は、ガチガチで保守派の圧勝。

 確かにそうよね。日々買い物ができればOKな層っているもんね(笑)。

 そんな連中には外交や復興の話なんかどーでもええねん。だけど、その“どーでもええ”票のおかげで安倍はビンビンに発情中やろな。「改憲したるぞ、国防軍作るぞーッ!」って。

カテゴリー: 社会, 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
3
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?