社会

「百薬の長」はウソ!? “酒が健康の敵”データはどこまで本当か

 日本酒がおいしい季節になってきたが、古来より、我が国では“百薬の長”としてもてはやされてきた酒が健康の敵だという。アルコールが身体にいいことは何もないというのだ。

 このたび、WHO(世界保健機関)は「アルコールが原因で世界で毎年300万人以上が死亡している」とする報告書を発表した。WHOによると、アルコールの過剰摂取が原因で死亡する人は毎年300万人以上に上り、その7割以上が男性だという。アルコールの過剰摂取による死因のトップは、交通事故や自傷行為で全体の28%を占めるのだが、次いで消化器系の疾患や心臓血管系の病気が占めるそうだ。そして世界でおよそ2億8000万人がアルコール依存症などアルコールと関係する病気に苦しんでいるというのだ。

「漢書・食貨志下」には中国、新朝の皇帝、王莽の言葉として「夫れ塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」と酒を称えている。また、国立がん研究センターの調査では、適量の飲酒を続けている人では、脳卒中の発症が4割低下することが示されてもいる。同センターでは、その理由をこう述べている。

「アルコールの作用で善玉コレステロールであるHDLコレステロールの血中濃度が上がることや、血液が固まりにくくなることが挙げられる」

 しかしこれも適量を守っている場合に限られるようで、「徒然草」にも「百薬の長とはいへど、よろづの病はさけよりこそおこれ」とある。

 このあたりの事情を江田内科クリニックの江田正院長が言う。

「ビール中瓶(500mL)1本、日本酒1合(180mL)、赤ワイングラス2杯(200mL)、焼酎半合(90mL)くらいが適量とされます。しかし、最近のWHOの発表によれば、アルコール飲料で『安全な』量というのは存在しないといいます。確かに体の調子が上がらない原因が飲酒というのは多い」

 酒は飲むなという説にも、それなりの説得力はあるとはいえ、やはりほどほどには嗜みたい。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
欅坂46平手友梨奈“メンタル不安視”問題に秋元康がついに言及!
2
とろサーモン、久保田が予想できなかった「故郷・宮崎もソッポ」の“非情事態”!
3
上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…
4
山崎アナも消えた!「好きな女子アナランキング」でかつての“王国”が崩壊?
5
とろサーモンだけじゃない!上沼恵美子は今田耕司の発言にも心が折れていた?