芸能

高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声

 高橋一生が動物行動学を教える大学講師役で主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)の第1話が10月9日に放送され、視聴率7.6%をマークした。この数字は奇しくも、前クールで吉岡里帆が主演した「健康で文化的な最低限度の生活」と一緒になっている。

「フジテレビの火曜9時ドラマは低迷が続き、ここ半年は4作品で初回視聴率が7%台に留まっています。平均視聴率は例外なく初回視聴率を下回っているので、数字が下落していくことは確実でしょう。本作では登場人物の人間関係が単純で、これといった事件も起こらない退屈な内容ゆえに、第2話以降にどうやって話を展開させるのかが謎。気楽に観られる作品だとも言えますが、数字が稼げるとは思えませんね」(テレビ誌ライター)

 なお本作では高橋の出演シーンが異様に多く、ファンには「もはや一生様をあがめるドラマ!」として好評だという。ただしそれは、高橋にさしたる興味のない視聴者にとってはまったくの逆効果。展開らしい展開が見えず、一話完結かの如く次回以降に繋がる伏線も感じられない内容に、早くも脱落する視聴者が続出しているようだ。

「そんな退屈な展開の中、ライバル講師役の児嶋一哉が実にいい味を出しています。アリを偏愛し、人間とはほとんど言葉を交わさないという変人ぶりを好演。バナナマン日村のようなおかっぱ頭も役柄に合っており、『児嶋を観るだけでも価値がある』との声も聞こえてくるほどです。惜しむらくは児嶋の出演が研究室内のシーンに限定され、出番が今以上に増えそうにない点。お笑い芸人ながら役者としての評価も高い児嶋ですが、これでは『児嶋の無駄遣い』と指摘せざるを得ないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに児嶋が演じる役名は「沼袋順平」。ここはぜひ「池袋?沼袋だよ!」といったやり取りに期待したいものだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)