芸能

高橋一生の新ドラマ、話が退屈過ぎて「見どころはアノ芸人の演技だけ」の声

 高橋一生が動物行動学を教える大学講師役で主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)の第1話が10月9日に放送され、視聴率7.6%をマークした。この数字は奇しくも、前クールで吉岡里帆が主演した「健康で文化的な最低限度の生活」と一緒になっている。

「フジテレビの火曜9時ドラマは低迷が続き、ここ半年は4作品で初回視聴率が7%台に留まっています。平均視聴率は例外なく初回視聴率を下回っているので、数字が下落していくことは確実でしょう。本作では登場人物の人間関係が単純で、これといった事件も起こらない退屈な内容ゆえに、第2話以降にどうやって話を展開させるのかが謎。気楽に観られる作品だとも言えますが、数字が稼げるとは思えませんね」(テレビ誌ライター)

 なお本作では高橋の出演シーンが異様に多く、ファンには「もはや一生様をあがめるドラマ!」として好評だという。ただしそれは、高橋にさしたる興味のない視聴者にとってはまったくの逆効果。展開らしい展開が見えず、一話完結かの如く次回以降に繋がる伏線も感じられない内容に、早くも脱落する視聴者が続出しているようだ。

「そんな退屈な展開の中、ライバル講師役の児嶋一哉が実にいい味を出しています。アリを偏愛し、人間とはほとんど言葉を交わさないという変人ぶりを好演。バナナマン日村のようなおかっぱ頭も役柄に合っており、『児嶋を観るだけでも価値がある』との声も聞こえてくるほどです。惜しむらくは児嶋の出演が研究室内のシーンに限定され、出番が今以上に増えそうにない点。お笑い芸人ながら役者としての評価も高い児嶋ですが、これでは『児嶋の無駄遣い』と指摘せざるを得ないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに児嶋が演じる役名は「沼袋順平」。ここはぜひ「池袋?沼袋だよ!」といったやり取りに期待したいものだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】