芸能

山崎賢人、「実写化でまたか」賛否で思い出されるあの月旅行女優との“黒歴史”

「週刊ヤングジャンプ」に連載の人気コミック「キングダム」実写化に関して、キャスト9人が発表されると、主演の山崎賢人の名前に賛否が飛び交ったことはすでにご存じの人たちも多いはず。それでも今回は、2年前の連載10周年記念映像でも山崎賢人が主人公の信を演じていたことで熱心なキングダムファンはある程度“覚悟”はしていたのだとか。つまり、「また山崎賢人?」「見たくなくなった」と騒いだのはあまり熱心ではないライトなファン層という説もある。

 ただし、山崎が主演して昨夏公開された「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が大コケしたことで、今度のキングダムも大爆死予想がネット上に氾濫しているのは確か。そんな中、爆死するかどうかは傍らにいる“女優”次第という声も出てきているのだとか。

「アクション系からスイーツ系まで多くのコミック実写化作品で主演した山崎ですから、いろんな旬の女優たちと共演しています。ところが映画に詳しいファンによると、山崎賢人自身はそれほど動員には影響を与えず、つまりそれほど固定された動員力があるわけではなく、実は左右するのは共演する女優ではないかという説ですね。調べてみると、大ヒットしたのは桐谷美玲『ヒロイン失格』、土屋太鳳『orange』、中ヒットが広瀬すず『四月は君の嘘』、二階堂ふみ『オオカミ少女と黒王子』、橋本環奈『斉木楠雄のΨ難』あたりとなります。そして大コケしたのが、川口春奈『一週間フレンズ。』ともう1つ。山崎のコミック原作初主演で今では黒歴史ともなっている『L・DK』ですね。ここでのヒロインは、今や資産家のパートナーとして話題の剛力彩芽。“映画館に誰もいない”とツイートされたほどの爆死ぶりでしたから、当時の剛力へのバッシングはスゴかったですね。でも、ラインナップを並べてみると、確かに女優人気は大きいかも。キングダムでは長澤まさみと橋本環奈が共演しますが、ネームバリュー的にはプラスに働きそうな気がします」(エンタメ誌ライター)

 主演映画の成否は浮き沈みの激しい山崎。だが、コミック初主演の大コケからリベンジとばかりに次々と主演し有名俳優になったことはさすが。かたや、剛力は映画女優として“難あり”の烙印を押されたという現実。ところが女優として忙しくなくなったことで、いまや世界のVIP?

 人生って、どうなるかわからない。

(飯野さつき)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す