エンタメ

「好き」が加速!? 「HUNTER×HUNTER」作者、連載再開早々に欅坂ネタを爆発

 好きなのはわかったがここまで作品にぶっこんで来るのはどうなんだろう…!?

 9月22日発売号の「週刊少年ジャンプ」43号より、漫画家・冨樫義博氏による作品「HUNTER×HUNTER」の連載が再開した。同作は「ONE PIECE」に続く長期連載作品ながら、何度も休載と連載再開を繰り返していることで有名だ。

 4月2日発売号以来、約5ヵ月ぶりの連載となったが、またしても作品内に大好きなあのアイドル絡みのネタが登場して、読者の注目を集めた。

「『HUNTER×HUNTER』の中で、登場人物が使う特殊能力で『2人セゾン(キミガイナイ)』というものが登場していますが、これは人気アイドルグループ欅坂46の3rdシングル『二人セゾン』と同じ名前なんです。また、ルビ(ふりがな)の『キミガイナイ』に関しても、欅坂のデビューシングルのカップリング楽曲として収録されているため、偶然の一致ではなく、意図的に欅坂ネタを入れていることがわかります。冨樫氏は過去のジャンプの巻末コメントでも『詞は切ないのが好き』と、欅坂の好きな楽曲について取り上げていましたから欅坂にハマっていることは有名。休載前の2月発売号でも『ネコノナマエ』と、こちらも欅坂の楽曲名タイトルと同じ能力が登場していました。さらには欅坂のデビューシングル名と同じ『サイレントマジョリティー』という名称の念能力を登場させ、センターである平手友梨奈を彷彿させるボブヘアーのキャラクターも描いています」(エンタメ誌ライター)

 冨樫氏が連載早々からまたしても欅坂ネタを取り入れてきたことに対し、読者からは「そのうち、全曲登場するんじゃないか」「欅坂もハンターハンターも好きな自分としては嬉しい」「冨樫さん、欅坂にハマりすぎだろ」などといった声が上がっている。

「冨樫氏は休載期間中に欅坂のお姉さんグループである乃木坂46が出演した舞台『美少女戦士セーラームーン』の通し稽古を見学していたり、欅坂が8月に横浜で行ったライブに顔を出していたりしていましたから、坂道グループ愛はどんどん加速しているようですね。そのため、今後も欅坂ネタが登場していくことでしょう。もちろん、欅坂ネタが多すぎると感じている読者も当然多いようですが、それでも欅坂を作品に取り入れることが冨樫氏のちょっとした楽しみや、連載を続ける原動力になっているのだったら仕方ないという見解のようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 一部読者からは「次の念能力は“二律背反(アンビバレント)”あたりだろ」など、次はどんな欅坂絡みの念能力が登場するのか、予想する声まで上がっている状態だ。ぜひとも欅坂と「HUNTER×HUNTER」の何らかのコラボにも期待したいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)