スポーツ

武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(4)桂文枝の落語にハマッて…

「重賞乗り替わりについても、珍記録があります」

 と言うのは、スポーツ紙競馬担当記者。

「17年のシンザン記念で、タイセイスターリーに騎乗予定だった川田が落馬負傷。急遽、武が乗ることになりました。これが30年以上の騎手生活で、初の当日代打でした」

 武ほどの騎手なら、重賞では当然、騎乗馬がすでに決まっているもの。なんとも珍しい「事件」だった。

「JRAでの数多のGI騎乗の中で、逃げ切り勝ちは16年の天皇賞・春のキタサンブラックが唯一。これも意外かもしれません」(ベテラン競馬ライター)

 天才のプライベートライフにも触れよう。冒頭のオンナ交遊激写騒動は酒が媒介したものだが、焼酎を除いて、全てイケるという。

 バーに行くとまず、お気に入りのウイスキー(シーバスリーガル25年など)をロックであおり、それからソーダ割りを続け、最後のシメにもう一度、ロック。これが武流の飲み方らしいが、

「海外遠征時は、その国のものを好んで飲みます。アメリカではバーボン、フランスならワインと。地方の名産もたしなみ、夏にドーヴィル(フランス)に行った際には、リンゴを原料とする蒸留酒のカルヴァドスを飲むようにしている」(競馬サークル関係者)

 カルヴァドスは香りもアルコール度も強い酒だが、フランス料理にマッチして、大好きなのだという。

 アルコールと並ぶたしなみで意外に知られていないのが、落語好き。競馬場やトレセンへ向かう道すがら、車中で聴いているのだ。知らず知らずに緊張が解けて、ストレス解消にもなるという。ベテラン競馬ライターが明かす。

「ハマるきっかけとなったのは10年ほど前、飛行機の中で桂文枝の『妻の旅行』という演目を聴いて。日常の中のおもしろみがうまく描かれていて、すぐに虜になってしまったようです。それから文枝のCDやDVDを集め始め、今では30枚ほどあるとか。そればかりか、自分でチケットを取って、寄席に聴きに行ったりも」

 では最後に、「へぇ~」と思ってしまうターフ外でのエピソードを2発。ベテラン競馬ライターが続ける。

「競馬漫画の第一人者、よしだみほ氏は漫画家デビュー前、『天才ユタカの元気が出る競馬』という同人誌を発表。これがデビューのきっかけとなりました。ちなみに先日、この同人誌がネットオークションで9800円の高値で落札されているのを発見しました。それと今年4月22日、人気上昇中のテレビアニメ『ウマ娘プリティーダービー』第5話に本人役で『出演』。『声優』としてレース実況を担当しています」

 このアニメには週刊アサヒ芸能連載でおなじみの細江純子氏も「出演」しており、珍しい形での「共演」となった。

 ターフ内外で競馬界随一の活躍を続ける天才は、さらに伝説を増産していくことだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?