スポーツ

武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(4)桂文枝の落語にハマッて…

「重賞乗り替わりについても、珍記録があります」

 と言うのは、スポーツ紙競馬担当記者。

「17年のシンザン記念で、タイセイスターリーに騎乗予定だった川田が落馬負傷。急遽、武が乗ることになりました。これが30年以上の騎手生活で、初の当日代打でした」

 武ほどの騎手なら、重賞では当然、騎乗馬がすでに決まっているもの。なんとも珍しい「事件」だった。

「JRAでの数多のGI騎乗の中で、逃げ切り勝ちは16年の天皇賞・春のキタサンブラックが唯一。これも意外かもしれません」(ベテラン競馬ライター)

 天才のプライベートライフにも触れよう。冒頭のオンナ交遊激写騒動は酒が媒介したものだが、焼酎を除いて、全てイケるという。

 バーに行くとまず、お気に入りのウイスキー(シーバスリーガル25年など)をロックであおり、それからソーダ割りを続け、最後のシメにもう一度、ロック。これが武流の飲み方らしいが、

「海外遠征時は、その国のものを好んで飲みます。アメリカではバーボン、フランスならワインと。地方の名産もたしなみ、夏にドーヴィル(フランス)に行った際には、リンゴを原料とする蒸留酒のカルヴァドスを飲むようにしている」(競馬サークル関係者)

 カルヴァドスは香りもアルコール度も強い酒だが、フランス料理にマッチして、大好きなのだという。

 アルコールと並ぶたしなみで意外に知られていないのが、落語好き。競馬場やトレセンへ向かう道すがら、車中で聴いているのだ。知らず知らずに緊張が解けて、ストレス解消にもなるという。ベテラン競馬ライターが明かす。

「ハマるきっかけとなったのは10年ほど前、飛行機の中で桂文枝の『妻の旅行』という演目を聴いて。日常の中のおもしろみがうまく描かれていて、すぐに虜になってしまったようです。それから文枝のCDやDVDを集め始め、今では30枚ほどあるとか。そればかりか、自分でチケットを取って、寄席に聴きに行ったりも」

 では最後に、「へぇ~」と思ってしまうターフ外でのエピソードを2発。ベテラン競馬ライターが続ける。

「競馬漫画の第一人者、よしだみほ氏は漫画家デビュー前、『天才ユタカの元気が出る競馬』という同人誌を発表。これがデビューのきっかけとなりました。ちなみに先日、この同人誌がネットオークションで9800円の高値で落札されているのを発見しました。それと今年4月22日、人気上昇中のテレビアニメ『ウマ娘プリティーダービー』第5話に本人役で『出演』。『声優』としてレース実況を担当しています」

 このアニメには週刊アサヒ芸能連載でおなじみの細江純子氏も「出演」しており、珍しい形での「共演」となった。

 ターフ内外で競馬界随一の活躍を続ける天才は、さらに伝説を増産していくことだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」