女子アナ

胸の“渓谷”シャキーン!高橋真麻、自身の誕生日に逆プレゼントショット公開

「さすがは高橋真麻だ。自分のチャームポイントをよくわかっている」

 そんな声がフリーアナの高橋真麻に対して上がっている。その理由は真麻が10月10日のブログに公開した1枚の写真。何と胸の渓谷がよく見えるショットになっているのだ。

「真麻はこのブログを公開した前日、37回目の誕生日を迎えています。ブログでは誕生日の夜にディナーに行ったことを報告。《歳も一つ重ねましたし髪も黒くしたしより落ち着いた感じに》と書いています。写真は髪の色を見せようとしたのでしょう。ところが胸の渓谷もよく見えてしまったというわけです」(芸能ライター)

 真麻が着ているのは白のシャツ。なぜか第1ボタンがさり気なく外され、右胸と左胸が作り出した深い縦筋がチラ見えしている。カメラアングルも絶妙で、渓谷がわずかに見える構図になっているのだ。

「これは『見えてしまった』ではなく、『真麻があえて見せた』と考えたほうがよさそうです。ブログを見てくれているファンに向けた、言わば、“逆誕生日プレゼント”だったのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 どうやらファンもそれに気づいたようで、冒頭の声となったというわけだ。大人から子供まで男性にも女性にも愛される高橋真麻。その理由は今回のような「心遣い」にあるのかもしれない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?