芸能

活躍するKoki,が批判されるのはしゃしゃり出てくる「母親」が原因か?

 俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の娘として、華々しくモデルデビューしたKoki,(コウキ)=「o」の上に「‐」=。ファッション誌「エル・ジャポン」7月号の表紙を飾り、8月には歴代最年少でブルガリのアンバサダーに就任。9月にもシャネルのビューティーアンバサダーに抜擢された。

 だが、これらの活躍がマスコミに取り上げられるたびに「この子の実力やルックスが認められたんじゃなくて、本当にただ両親が有名人だったっていう以外に何もウリがない」「モデルとは思えないくらい立ち姿はフラフラグラグラ。年上のインタビュアーへの相づちが、うん、うん。しゃべり方も何か残念な感じ」「こいつが話してるの見た時、何がすごいの?って感じだった」などアンチが増しているようだ。

「おそらく、『アンチKoki,』ではなく『アンチ工藤静香』のホコ先が娘に向かっているのでしょう。Koki,が自身のインスタグラムで、撮影のため香港に滞在している最中、工藤は香港にいるとはいっさい書かず、風景などを入れ込んだ自撮り写真で匂わせ、批判されたばかり。過日は、花と額縁でデコレーションした自宅トイレの写真を掲載。つまりそこは、木村もKoki,も使っているということ。ネット上には『毒々しい』『こんな家にキムタクも帰りたくないだろうな』などと書き込まれています。また、そのトイレにはこれ見よがしにシャネルの香水が置かれていますが、ビンに書かれているであろう『toilette』で芳香剤と勘違いしたのではないかといううがった指摘も。フランス語の『toilette』はトイレの意味もありますが、この場合はいわゆる“トワレ”で香水のことでしょう」(芸能ジャーナリスト)

 これら一連の行為は「お子さんをネタにわたし!わたし!感が半端なくて痛々しい」「逆風が吹いている中で、娘が頑張ろうとしている時に母親の影をチラつかせるのはマイナスでしかない」などの猛バッシングが吹き荒れた。

 工藤には「雉も鳴かずば撃たれまい」の格言を贈っておきたい!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!