芸能

活躍するKoki,が批判されるのはしゃしゃり出てくる「母親」が原因か?

 俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の娘として、華々しくモデルデビューしたKoki,(コウキ)=「o」の上に「‐」=。ファッション誌「エル・ジャポン」7月号の表紙を飾り、8月には歴代最年少でブルガリのアンバサダーに就任。9月にもシャネルのビューティーアンバサダーに抜擢された。

 だが、これらの活躍がマスコミに取り上げられるたびに「この子の実力やルックスが認められたんじゃなくて、本当にただ両親が有名人だったっていう以外に何もウリがない」「モデルとは思えないくらい立ち姿はフラフラグラグラ。年上のインタビュアーへの相づちが、うん、うん。しゃべり方も何か残念な感じ」「こいつが話してるの見た時、何がすごいの?って感じだった」などアンチが増しているようだ。

「おそらく、『アンチKoki,』ではなく『アンチ工藤静香』のホコ先が娘に向かっているのでしょう。Koki,が自身のインスタグラムで、撮影のため香港に滞在している最中、工藤は香港にいるとはいっさい書かず、風景などを入れ込んだ自撮り写真で匂わせ、批判されたばかり。過日は、花と額縁でデコレーションした自宅トイレの写真を掲載。つまりそこは、木村もKoki,も使っているということ。ネット上には『毒々しい』『こんな家にキムタクも帰りたくないだろうな』などと書き込まれています。また、そのトイレにはこれ見よがしにシャネルの香水が置かれていますが、ビンに書かれているであろう『toilette』で芳香剤と勘違いしたのではないかといううがった指摘も。フランス語の『toilette』はトイレの意味もありますが、この場合はいわゆる“トワレ”で香水のことでしょう」(芸能ジャーナリスト)

 これら一連の行為は「お子さんをネタにわたし!わたし!感が半端なくて痛々しい」「逆風が吹いている中で、娘が頑張ろうとしている時に母親の影をチラつかせるのはマイナスでしかない」などの猛バッシングが吹き荒れた。

 工藤には「雉も鳴かずば撃たれまい」の格言を贈っておきたい!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり