芸能

加護亜依、“残念すぎる”ボキャブラリーが招いた「沢田研二イジり」の代償!

 元モーニング娘。の加護亜依が10月21日放送の「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)にゲストとして出演し、コンサートのドタキャン騒動に揺れる歌手の沢田研二について「(自分も)ジュリーさんみたいになると思うんで」とコメントしている。

 プロインタビュアーの吉田豪とお笑いタレントの千原ジュニアに囲まれながら、ギリギリな質問に応じていく同番組において、赤裸々な回答でスタジオを盛り上げた加護。国民的アイドルだった未成年時に喫煙が発覚し、解雇の処罰を科された騒動に関しては「解雇の意味がわからなくて、“解雇って何だろう”ってマネージャーに聞きました」と振り返ると、「30歳になってやっと幸せになれました。今だからこそ、過去を振り返ることができます」としたうえで、過去に不貞騒動もあったとして、有名人のスキャンダルについても、「他人のことはとやかく言えないです」とも語り、過去の過ちをみずから口にする一幕もあった。

「ここまではかつての不祥事などを大胆かつ謙虚に振り返る“しくじりアイドル”としての低姿勢さが見受けられましたが、よけいな一言も付け加えてしまいました。番組内で“ジュリー”こと沢田研二のドタキャン騒動が取り上げられると、加護は世間を騒がせ続けるみずからのキャリアと沢田を重ね合わせ、『人生長いですし、こんなうまいままではいかない。(自分も)ジュリーさんみたいになると思うので』と発言。わずか4年間“しか”モー娘。に在籍せず、タバコや不貞騒動でモー娘。卒業から約3年後に事実上の活動停止に追い込まれた加護が、芸歴50年以上にもなる歌を極め続けてきた大御所を引き合いに“ジュリーさんみたいになると思う”とコメントしたことは、多くのネットユーザーから怒りの反論を頂戴する結果となりました。『なぜジュリーに上から目線?』『おこがましい!』『あなた何様よ』『ジュリーの全盛期を知ってたらこんな意見は言えんだろ』との声が殺到していますね」(テレビ誌ライター)

 加護としては、“ジュリーのように”常に騒動と戦い続ける日々を覚悟している、といった自虐ネタに落とし込みたかったのかもしれないが、世間にはそのような真意がうまく伝わらず、大ヒンシュクを買う事態に発展してしまった。

 かつては“解雇の意味を知らなかった”という加護。今もなお、適切な言葉選びやボキャブラリーを蓄えていく配慮が必要だと言わざるを得ないだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは