芸能

加護亜依、“残念すぎる”ボキャブラリーが招いた「沢田研二イジり」の代償!

 元モーニング娘。の加護亜依が10月21日放送の「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)にゲストとして出演し、コンサートのドタキャン騒動に揺れる歌手の沢田研二について「(自分も)ジュリーさんみたいになると思うんで」とコメントしている。

 プロインタビュアーの吉田豪とお笑いタレントの千原ジュニアに囲まれながら、ギリギリな質問に応じていく同番組において、赤裸々な回答でスタジオを盛り上げた加護。国民的アイドルだった未成年時に喫煙が発覚し、解雇の処罰を科された騒動に関しては「解雇の意味がわからなくて、“解雇って何だろう”ってマネージャーに聞きました」と振り返ると、「30歳になってやっと幸せになれました。今だからこそ、過去を振り返ることができます」としたうえで、過去に不貞騒動もあったとして、有名人のスキャンダルについても、「他人のことはとやかく言えないです」とも語り、過去の過ちをみずから口にする一幕もあった。

「ここまではかつての不祥事などを大胆かつ謙虚に振り返る“しくじりアイドル”としての低姿勢さが見受けられましたが、よけいな一言も付け加えてしまいました。番組内で“ジュリー”こと沢田研二のドタキャン騒動が取り上げられると、加護は世間を騒がせ続けるみずからのキャリアと沢田を重ね合わせ、『人生長いですし、こんなうまいままではいかない。(自分も)ジュリーさんみたいになると思うので』と発言。わずか4年間“しか”モー娘。に在籍せず、タバコや不貞騒動でモー娘。卒業から約3年後に事実上の活動停止に追い込まれた加護が、芸歴50年以上にもなる歌を極め続けてきた大御所を引き合いに“ジュリーさんみたいになると思う”とコメントしたことは、多くのネットユーザーから怒りの反論を頂戴する結果となりました。『なぜジュリーに上から目線?』『おこがましい!』『あなた何様よ』『ジュリーの全盛期を知ってたらこんな意見は言えんだろ』との声が殺到していますね」(テレビ誌ライター)

 加護としては、“ジュリーのように”常に騒動と戦い続ける日々を覚悟している、といった自虐ネタに落とし込みたかったのかもしれないが、世間にはそのような真意がうまく伝わらず、大ヒンシュクを買う事態に発展してしまった。

 かつては“解雇の意味を知らなかった”という加護。今もなお、適切な言葉選びやボキャブラリーを蓄えていく配慮が必要だと言わざるを得ないだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…