芸能

加護亜依、“残念すぎる”ボキャブラリーが招いた「沢田研二イジり」の代償!

 元モーニング娘。の加護亜依が10月21日放送の「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)にゲストとして出演し、コンサートのドタキャン騒動に揺れる歌手の沢田研二について「(自分も)ジュリーさんみたいになると思うんで」とコメントしている。

 プロインタビュアーの吉田豪とお笑いタレントの千原ジュニアに囲まれながら、ギリギリな質問に応じていく同番組において、赤裸々な回答でスタジオを盛り上げた加護。国民的アイドルだった未成年時に喫煙が発覚し、解雇の処罰を科された騒動に関しては「解雇の意味がわからなくて、“解雇って何だろう”ってマネージャーに聞きました」と振り返ると、「30歳になってやっと幸せになれました。今だからこそ、過去を振り返ることができます」としたうえで、過去に不貞騒動もあったとして、有名人のスキャンダルについても、「他人のことはとやかく言えないです」とも語り、過去の過ちをみずから口にする一幕もあった。

「ここまではかつての不祥事などを大胆かつ謙虚に振り返る“しくじりアイドル”としての低姿勢さが見受けられましたが、よけいな一言も付け加えてしまいました。番組内で“ジュリー”こと沢田研二のドタキャン騒動が取り上げられると、加護は世間を騒がせ続けるみずからのキャリアと沢田を重ね合わせ、『人生長いですし、こんなうまいままではいかない。(自分も)ジュリーさんみたいになると思うので』と発言。わずか4年間“しか”モー娘。に在籍せず、タバコや不貞騒動でモー娘。卒業から約3年後に事実上の活動停止に追い込まれた加護が、芸歴50年以上にもなる歌を極め続けてきた大御所を引き合いに“ジュリーさんみたいになると思う”とコメントしたことは、多くのネットユーザーから怒りの反論を頂戴する結果となりました。『なぜジュリーに上から目線?』『おこがましい!』『あなた何様よ』『ジュリーの全盛期を知ってたらこんな意見は言えんだろ』との声が殺到していますね」(テレビ誌ライター)

 加護としては、“ジュリーのように”常に騒動と戦い続ける日々を覚悟している、といった自虐ネタに落とし込みたかったのかもしれないが、世間にはそのような真意がうまく伝わらず、大ヒンシュクを買う事態に発展してしまった。

 かつては“解雇の意味を知らなかった”という加護。今もなお、適切な言葉選びやボキャブラリーを蓄えていく配慮が必要だと言わざるを得ないだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?