芸能

加護亜依、“残念すぎる”ボキャブラリーが招いた「沢田研二イジり」の代償!

 元モーニング娘。の加護亜依が10月21日放送の「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)にゲストとして出演し、コンサートのドタキャン騒動に揺れる歌手の沢田研二について「(自分も)ジュリーさんみたいになると思うんで」とコメントしている。

 プロインタビュアーの吉田豪とお笑いタレントの千原ジュニアに囲まれながら、ギリギリな質問に応じていく同番組において、赤裸々な回答でスタジオを盛り上げた加護。国民的アイドルだった未成年時に喫煙が発覚し、解雇の処罰を科された騒動に関しては「解雇の意味がわからなくて、“解雇って何だろう”ってマネージャーに聞きました」と振り返ると、「30歳になってやっと幸せになれました。今だからこそ、過去を振り返ることができます」としたうえで、過去に不貞騒動もあったとして、有名人のスキャンダルについても、「他人のことはとやかく言えないです」とも語り、過去の過ちをみずから口にする一幕もあった。

「ここまではかつての不祥事などを大胆かつ謙虚に振り返る“しくじりアイドル”としての低姿勢さが見受けられましたが、よけいな一言も付け加えてしまいました。番組内で“ジュリー”こと沢田研二のドタキャン騒動が取り上げられると、加護は世間を騒がせ続けるみずからのキャリアと沢田を重ね合わせ、『人生長いですし、こんなうまいままではいかない。(自分も)ジュリーさんみたいになると思うので』と発言。わずか4年間“しか”モー娘。に在籍せず、タバコや不貞騒動でモー娘。卒業から約3年後に事実上の活動停止に追い込まれた加護が、芸歴50年以上にもなる歌を極め続けてきた大御所を引き合いに“ジュリーさんみたいになると思う”とコメントしたことは、多くのネットユーザーから怒りの反論を頂戴する結果となりました。『なぜジュリーに上から目線?』『おこがましい!』『あなた何様よ』『ジュリーの全盛期を知ってたらこんな意見は言えんだろ』との声が殺到していますね」(テレビ誌ライター)

 加護としては、“ジュリーのように”常に騒動と戦い続ける日々を覚悟している、といった自虐ネタに落とし込みたかったのかもしれないが、世間にはそのような真意がうまく伝わらず、大ヒンシュクを買う事態に発展してしまった。

 かつては“解雇の意味を知らなかった”という加護。今もなお、適切な言葉選びやボキャブラリーを蓄えていく配慮が必要だと言わざるを得ないだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!