芸能

「『芸能界のドン』長男と結婚」杉原杏璃、交際期間を巡り夫と“微妙なズレ”が!?

 11月1日発売の「週刊文春」が、タレントの杉原杏璃の結婚相手について報道。お相手は“芸能界のドン”といわれる人物の長男だった。すでに、10月26日のブログで、杉原は音楽出版会社の代表取締役と10月20日に入籍したことを報告。実名は明かされなかったが、同誌は大手芸能プロ、バーニングプロダクション・周防郁雄社長の長男、彰悟氏であることを伝えた。

「芸能界のドンという異名を持つ周防郁雄氏は、業界では知らない人はいません。長男の彰悟氏は現在、音楽出版権などを扱うバーニングの関連会社の社長で、ゆくゆくは父親の後を継ぐと見られていました。しかし同誌の取材で、彰悟氏は後を継ぐことを否定。杉原は大手芸能プロの社長夫人の座は逃すことになりそうですが、それでも玉の輿に乗ったことには違いありません」(芸能記者)

 彰悟氏の経営手腕は評価されているようだが、プライベートの舵取りはどんな具合なのだろうか。

「『文春』によると、彰悟氏は“バツ2”。離婚の理由はわかりませんが、バツ2であることは杉原も把握しているようです。一部で『10年前からの交際』と報道されたようですが、彰悟氏は否定。その頃は別の女性と結婚していて、杉原と本格的に付き合ったのは昨年春頃だと言っています」(前出・芸能記者)

 しかし芸能記者は気になる点があるという。

「10月27日、都内で行われたイベント『HAPPY WOMAN BUNKASAI2018』の開催前、杉原は会見を開きました。その席で杉原は彰悟氏と10年以上の友人関係を経て1年前から交際したことを明かしました。ここまでは、彰悟氏の説明と大きな矛盾はありません。しかし、その後、杉原は『10年もそばで“大好きだよ”と言い続けてくれた方を逃しちゃいけないと思った』と語っているんです。彰悟氏は、10年前は、別の女性と結婚していたのに、杉原にその頃から『大好きだよ』と言っていたんでしょうか…」

 杉原の言葉足らずだったということかもしれないが、「文春」によると、“嘘はつかない”が彰悟氏の信念とか。2人の今後を見守りたい。

(石田英明)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!