芸能

「下町ロケット」好調で古舘伊知郎が次に狙うTBS“レギュラー番組MC”

 11月4日に放送された第4話も平均視聴率13.3%と好調の「下町ロケット」(TBS系)。これに出演者の中で最もホッとしているのが古舘伊知郎だという。

 古舘は同ドラマで、主演の阿部寛が率いる佃製作所のライバルメーカー「ダイダロス」の社長。鍵を握る重要な役とあって、出演決定当初から「頑張ろう! と気合いが入っています」とコメント。実際の熱演ぶりを見ても、かなりのイレ込みようがうかがえる。

「何と言ってもTBSでは30年ぶりのドラマ出演。しかも人気ドラマシリーズの続編ですから、力が入るのは当然でしょう。ただし一方で、このチャンスを絶対に逃したくないという意味で必死なのも事実」(民放テレビ局関係者)

 というのも、古舘は長年務めた「報道ステーション」(テレビ朝日系)の司会を一昨年3月末で降板して以降、担当した番組はことごとく鳴かず飛ばずの状態が続いているためだ。

「当初は不調が続くフジテレビにテコ入れとして呼ばれ、鳴り物入りで2016年11月から『フルタチさん』、『トーキングフルーツ』の新番組MCをスタートさせたが、双方、惨たんたる視聴率のまま終了となった。それでもフジは気を使い、昨年11月から『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる~』のMCを用意したが、こちらも低視聴率により1年と経たず打ち切りとなった。こうなると、レギュラーではフジ側も呼べず、古舘としても戻れない。そこへ、『下町ロケット』のTBSでの仕事が舞い込んだわけですから、それは気合いが入りますよ」(テレビ局関係者)

 古舘としては、これを突破口にして、今度はTBSでレギュラーMCの座を狙いたいというわけだ。

「今回の演技の仕事は、今後を考えて我慢して引き受けた意味合いが強い。やはり、しゃべりが本職ですからね。ただ、それでも、ドラマは好調なわけですから、胸を撫で下ろしているに違いありません」(前出・テレビ局関係者)

「下町ロケット」急降下の悪夢だけは避けたいところだろう。 

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫