芸能

山本彩、NMB48として最後のMステ出演もタモリの“意外対応”にファン困惑!

 もう少し誠意のある対応をファンは望んでいたようだ。

 11月4日にNMB48を卒業した山本彩が、2日放送の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。NMB48として卒業前最後の出演となった。

 結成当初からNMB48のエースとして君臨してきた山本の「Mステ」ラスト出演となった今回は、山本がセンターを務める卒業シングル「僕だって泣いちゃうよ」と、AKB名義の楽曲で山本が初めてセンターを務め、朝ドラ主題歌にもなった「365日の紙飛行機」を披露。

 また、パフォーマンス後には山本が残されるメンバーたちの前に立ち、「みんな今日までありがとう。楽しいことはもちろん、つらいことも一緒に乗り越えてこれるみんながいたから、今日までやってこられました。これからのNMBも、楽しみにしています。頑張ってね」とメッセージを送るサプライズ演出も見られるなど、ファンの涙腺を刺激するラスト出演だったようだ。

 ただ、そんな同回だが、山本のファンの多くが唯一“残念だったと”振り返る出来事があったようだ。

「番組MCのタモリと山本が会話する場面がありましたが、その際のタモリがそっけなく見えたと感じたファンが多かったようです。NMBのパフォーマンスを前には、タモリが『山本、最後なんだねえ』と話を振っており、これに山本は『はい、今日が最後の出演です』と答えるも、タモリはその後、『う~ん』と答えるだけ。その後の会話がなく、微妙な間が空いてしまった後に『じゃあ、スタンバイお願いします』といった何ともパッとしない流れでした。さらに番組エンディングではタモリが山本に花束を渡す場面がありましたが、タモリは特に何か声をかけることもなく、無言で花束を渡していました。山本からメンバーへのサプライズ演出などもあり、ファンの気持ちが高まっていたぶん、些細なことではありますが、ファンは残念に思ってしまったのかもしれません」(エンタメ誌ライター)

 実際、ネット上には「『おめでとう』でいいから一言ぐらいかけてあげてもよくないか?」「露骨に興味なさそうな感じを出していて、ちょっとイヤでした」「乃木坂の生駒ちゃんが卒業する時はもっとやさしかった気がする」などといった声が多数確認されている。

「落ち着いた感じの進行でしたし、タモリはいたって平常運転といった感じでしたね。どちらかといえば、アシスタントの女子アナが盛り上げるところですが、アシスタントは10月19日放送回から抜擢されたばかりの入社1年目の新人・並木万里菜アナでしたから、うまく盛り上げることができませんでしたね。実際、山本との会話以外でも全体的に沈黙の時間が多く、タモリも新人アシスタントのサポートで手一杯だった感じもしましたね」(前出・エンタメ誌ライター)

 今回の山本ファンの反応は並木アナも真摯に受け止めて、成長のきっかけにつなげてほしいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ