女子アナ

「報ステ」徳永有美キャスターの“アサヒ化”に十数年来のファンたちが悲鳴!

 11月6日(現地時間)にアメリカの中間選挙が行われ、上院は共和党、下院は民主党が多数派を占める「ねじれ現象」が現実化した。その中間選挙を巡っては日本の各テレビ局も現地レポートを交えて詳細に伝えていたが、なぜか「報道ステーション」(テレビ朝日系)の視聴者から悲鳴があがっているというのだ。その報ステの報道について週刊誌記者が指摘する。

「政治関連の報道には各局の姿勢が如実に表れるもの。『報道ステーション』ではいわゆる《アサヒ的》な姿勢が顕著で、今回の報道でもトランプ米大統領がアメリカ社会を分断していると断言し、危機感を煽っていました。テネシー州での現地取材に赴いている富川悠太アナは『LGBTは政治的まやかしだ』と主張する男性の声を紹介。ただその男性はニューヨーク州バッファローに本拠地を置くアメフトチーム・ビルズのファングッズを身に付けており、はたしてテネシー州民の声だったのかは疑問です。ともあれ報ステの報道姿勢は予想通りの内容で、通常運転と言える番組作りになっていました」

 ただ番組の内容は予想通りでも、この4月から同番組のメインキャスターを務めている徳永有美のファンにとっては、悲鳴をあげざるをえないものだったようだ。芸能記者がこうつぶやく。

「入社20年目でばりばりのテレ朝社員である富川アナならともかく、退社からすでに13年も経つ徳永までもがトランプ大統領や共和党の政治姿勢に疑問を投げかけるようなセリフを口にしていたことには、ショックを受けたファンも多かったようです。徳永は2004~05年にも報ステに出演していたものの、それはスポーツキャスターとして。ほかには『やじうまワイド』の司会を担当していましたが、政治系の報道とはほぼ無縁の局アナ生活を送っていました。そして何より彼女が人気を博したのは、内村光良と“不貞再婚”するきっかけにもなったバラエティ番組『内村プロデュース』への出演です。同番組では芸人たちのマッパを前に苦笑いする度量の大きさで、視聴者から《徳ちゃん》と親しまれていたもの。そんな美人でサバサバした徳ちゃんが、いまやテレ朝的な報道にどっぷりと浸かってしまったのですから、かつてのファンはさぞやガッカリしているに違いありません」

 もっとも徳永にしてみれば、出演番組の方向性に合わせるのはフリーアナとして当然の話。「人は変わる」ということを、かつてのファンも受け入れていかねばならないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」