女子アナ

「報ステ」徳永有美キャスターの“アサヒ化”に十数年来のファンたちが悲鳴!

 11月6日(現地時間)にアメリカの中間選挙が行われ、上院は共和党、下院は民主党が多数派を占める「ねじれ現象」が現実化した。その中間選挙を巡っては日本の各テレビ局も現地レポートを交えて詳細に伝えていたが、なぜか「報道ステーション」(テレビ朝日系)の視聴者から悲鳴があがっているというのだ。その報ステの報道について週刊誌記者が指摘する。

「政治関連の報道には各局の姿勢が如実に表れるもの。『報道ステーション』ではいわゆる《アサヒ的》な姿勢が顕著で、今回の報道でもトランプ米大統領がアメリカ社会を分断していると断言し、危機感を煽っていました。テネシー州での現地取材に赴いている富川悠太アナは『LGBTは政治的まやかしだ』と主張する男性の声を紹介。ただその男性はニューヨーク州バッファローに本拠地を置くアメフトチーム・ビルズのファングッズを身に付けており、はたしてテネシー州民の声だったのかは疑問です。ともあれ報ステの報道姿勢は予想通りの内容で、通常運転と言える番組作りになっていました」

 ただ番組の内容は予想通りでも、この4月から同番組のメインキャスターを務めている徳永有美のファンにとっては、悲鳴をあげざるをえないものだったようだ。芸能記者がこうつぶやく。

「入社20年目でばりばりのテレ朝社員である富川アナならともかく、退社からすでに13年も経つ徳永までもがトランプ大統領や共和党の政治姿勢に疑問を投げかけるようなセリフを口にしていたことには、ショックを受けたファンも多かったようです。徳永は2004~05年にも報ステに出演していたものの、それはスポーツキャスターとして。ほかには『やじうまワイド』の司会を担当していましたが、政治系の報道とはほぼ無縁の局アナ生活を送っていました。そして何より彼女が人気を博したのは、内村光良と“不貞再婚”するきっかけにもなったバラエティ番組『内村プロデュース』への出演です。同番組では芸人たちのマッパを前に苦笑いする度量の大きさで、視聴者から《徳ちゃん》と親しまれていたもの。そんな美人でサバサバした徳ちゃんが、いまやテレ朝的な報道にどっぷりと浸かってしまったのですから、かつてのファンはさぞやガッカリしているに違いありません」

 もっとも徳永にしてみれば、出演番組の方向性に合わせるのはフリーアナとして当然の話。「人は変わる」ということを、かつてのファンも受け入れていかねばならないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
2
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
3
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…