政治

マツコ&有吉は知らない(5)「枝野幸男は持ち歌1200曲!」

 政治評論家として40年以上永田町をウオッチしてきた小林吉弥氏。その心に刺さった3大〇〇とは──。

 時には政治家と一緒に酒を飲むこともある小林氏。まずは「カラオケ最強3傑」を選定してもらった。

枝野幸男元経産相(48)は、全国の合唱コンクールで中学時代に優勝した声の持ち主。ひと頃は、プロの声楽家になることを考えた時期もあったそうです。レパートリーが1200曲。プロの流しで1000曲ですから、流しの域を超えています。持ち歌は都はるみ、谷村新司、そしてシャ乱Qの『ズルい女』あたり」

 その枝野氏が「オレよりうまい!」と脱帽したのが、昨年引退した中野寛成元衆院副議長(72)だという。

「この人も関西大学ではグリークラブ所属の本格派。奥さんもママさんコーラスに所属、結婚式に呼ばれた時に夫婦で『愛の賛歌』を歌うと、そのうまさに会場は静まり返ってしまうほど」

 3番目が高市早苗・自民党政調会長(51)。

「B’zの『もう一度キスしたかった』、小泉今日子『あなたに会えてよかった』、Winkの曲などが持ち歌で、しかもモノマネで歌います」

 最後に、現在ブームが再燃中の「田中角栄元総理(享年75)の3大能力」

「1つは、先見力のすごさ。30年前に、現在の日本の1000兆円借金状況とネット社会の到来を話していた。人口動態データやコンピュータ情報など、あらゆる角度から各省庁の一級情報を入手していた田中角栄だからこそです。そして超記憶力。官僚の課長以上の経歴は全て頭に入っていた。一度会った人のことは、数年後でもフルネームで名前を覚えていた」

 もう1つは、金銭の「10倍哲学」を発揮する能力

「香典や見舞い金は相場の10倍持っていった。情にあつく、計算も働く。角栄の人心掌握術は情と利にあり、です」

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」