芸能

“出たらガタ落ち”「潜在マイナス視聴率」の女を大公開(1)業界内で敬遠されるベッキー

 潜在視聴率とはそのタレント本人を見たがる視聴者数のバロメーター。だが、「持ってる」どころか、逆に視聴者離れを起こす女性タレントも少なくない。テレビマンの証言をもとに、顔を出せばチャンネルを替えられる「潜在マイナス視聴率」を禁断公開。テレビから完全に消えるのは時間の問題かもしれない。

 視聴率のアップダウンに一喜一憂するテレビ業界。コンマ1%を巡って各局がシノギを削る中、業界では「コイツが出たら視聴率が下がる」という「潜在マイナス視聴率」についても、日夜語られている。

 今や業界内で「出してはいけない」と敬遠される女王格がベッキー(34)だ。

 テレビ関係者が語る。

「不倫そのもの以上に、報道後の『友達で押し通す予定!笑』という居直りLINEへの反発はいまだすさまじく、ノーギャラでも出てほしくないタレントの筆頭かもしれません。現在も休養中扱いの番組が6つもあることが、全てを物語っています」

 大物による救済の働きかけも水泡に帰した。

「昨年大みそか放送の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)に、いじられキャラとして出演。ベッキーは罰ゲームとして『禊のタイキック』を受けたのですが、これに『女性差別だ』との批判が相次ぎ、まさかの総スカン状態。一部のフェミニストからは『ベッキー本人も差別を助長した加害者』との指摘まで飛び出し、輪をかけて使いにくくなってしまいました」(テレビ関係者)

 テレビで見ることの多い鈴木奈々(30)にも、「マイナス要因」がささやかれている。

「鈴木は女芸人以上にはっちゃけてくれるので、バラエティー番組としては非常に重宝しているんです。しかし、痛々しくて見ていられずにチャンネルを替えてしまう視聴者が大量発生するため、視聴率を下げるタレントとみられています」(テレビ関係者)

 同類のオンナは他にも。

「まったく同じ傾向なのが今年ブレイクした丸山桂里奈(35)です。今年の日本テレビ系『24時間テレビ』の企画『美尻相撲対決』では引き締まった尻を披露して番組に貢献しましたが、彼女を『下品で見え見え』と毛嫌いする視聴者も少なからずいる。少し毛色は違いますが、いきなり生放送で号泣するなど突発的な行動を繰り返す遠野なぎこ(38)も『見ていてヒヤヒヤする』との理由でマイナス要因です」(テレビ誌記者)

 バラエティーの盛り上げ役も一筋縄ではいかないということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
10億円「年末ジャンボ宝くじ」は「NHK紅白の法則」で確率2万倍アップ!
4
痛々しいほど!桐谷美玲、体型の“激ヤバ変化”が「悲鳴モノ」
5
ローラが下腹部の純白デルタをチラっと見え!“パン見せ疑惑”も浮上