政治

2019年4月施行「移民法」成立でニッポンは暗黒社会(2)外国人同士の抗争が激化する?

 来日する国の多様化が進み、外国人同士の衝突も増えるそうだ。

「外国人の組織って、違う国の人間が呉越同舟、とはならないからね。その国ごとにコミュニティがある。住んでいる街もいろいろでしょ? 埼玉の蕨市にはクルド人が多いし、群馬や浜松にはトルコ人やブラジル人。ナイジェリア人は埼玉・川越あたりに住みついて、六本木や池袋に繰り出す。大きな繁華街だと外国人の“シマ争い”が起きたりもするからね」(事情を知る団体職員)

 稼ぐ場所やジャンルがバッティングして抗争が勃発することは今も珍しくないが、あくまで日本人の目に触れないアンダーグラウンドでの出来事。今後は抗争の規模が拡大し、顕在化するおそれがあるという。

「中国人とベトナム人のコミュニティは、それぞれ日本在住外国人の数が1位と2位で、何かと食い合って仲が悪い。あとはブラジルとペルーとか。隣国だからこその近親憎悪かな。外国人の抗争は、日本のヤクザや不良連中の抗争よりももっと残虐。普通に殺し屋を雇って相手に放ったりしてるからね」(団体職員)

 さらに既存のコミュニティを脅かす、新興勢力の動きも見逃せない。

「このところ規模を大きくしているのがミャンマー人勢力。中国、ベトナムに肩を並べつつあるよ。あとは、法施行後に予想されるのが、イスラム国家の台頭。マレーシアやインドネシアからもかなり来るだろう。イスラム系はヤバイな。ケンカになると、すぐにナイフを取り出してノドをかき切ろうとするからね。町なかだろうが何だろうが、関係ない」(元ヤクザ幹部)

 やるなら自国でやってくれと願うばかりだが、イスラム系外国人の流入に関しては、もっと直接的な危機もささやかれている。ずばり、労働者に扮したテロリストや工作員の入国である。元ヤクザ幹部が続ける。

「心配なのは、現在、世界的な関心を寄せられている『ロヒンギャ問題』(ロヒンギャは迫害を受けるミャンマーの保守イスラム系少数民族で、バングラデシュへの流出とミャンマーへの強制送還を巡ってモメている)。そんなタイミングでの受け入れ拡大の法改正だ。入国のハードルが下がって、難民認定されれば、日本も受け入れることになるだろうな。ただ『難民ならばフリーパス』みたいな状況は最悪。労働者よりも簡単に定住できるとなったら、ほぼ間違いなくテロリストが紛れ込んで、続々と来日する。東京五輪も近いので、政府は警戒を強める必要があるよ」

 日本はいわば、「最大敵国・アメリカの友人」の立場。絶好の機会に矛先が向く危険が迫ってくる。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
2
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
3
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
4
「杉本会長にメロメロ」深田恭子が“体力増強”手作り餃子を振るまっている!?
5
坂口杏里、「鼻にヒアルロン酸」も一斉に突っ込まれてしまった「そこじゃない」!