エンタメ

【一杯酒場】和歌山・美園町「多田屋」

観光客も常連客も朝9時から大集結!濃厚「くじら刺し」と地酒で身も心も大満腹

 JR和歌山駅中央口から徒歩1分ほどの立地に、創業90年以上にもなる老舗の大衆酒場「多田屋」がある。朝9時から営業しており、地元の常連から和歌山駅を利用する勤め人にまで広く愛されている。

 メニューは100種類以上。好みに応じたものが必ず見つかるラインナップだが、ここはやはり和歌山ならではの料理を食べておきたい。くじら漁の盛んな町として有名な太地町から直送される刺身は、濃厚な旨みが味わえる一品。新鮮そのものの「刺身盛り合わせ」には、店オリジナルの日本酒「豊富」のどっしりとした後味が抜群の相性。また、店の名物料理の一つである「すじどて焼き」は、特製のどてみそを使って煮込んだもの。すじ肉ならではのギュッと引き締まった食感がたまらない。紀伊の海でとれたサンマを使った「焼きサンマ」は、たっぷりのすだち果汁を絞り、こちらもお店オリジナルの銘柄である「酒一」の大吟醸と合わせたい。酒屋が直営する店だけあって、料理に合う日本酒の充実度には目を見張るものがある。

 長く延びるカウンター席のほか、グループ用のテーブル席や座敷席もあり、宴会に利用する方も多いとか。和歌山の名物と地酒をリーズナブルに堪能したければ外せない店だ。

■多田屋

住所:和歌山県和歌山市美園町5-11-18 電話:073-436-4613 営業時間:9:00~22:00 定休日:お盆・年末年始

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美