女子アナ

「news zero」水卜麻美アナ起用の秘策が日本テレビの首を絞めるワケ

 もはや有働由美子アナではもたない!そんな悲鳴が局内からあがってきているのか。視聴率が低迷している報道番組の「news zero」(日本テレビ系)を巡り、同局のエースである水卜麻美アナを投入するプランが複数のメディアで取りざたされている。

 確かに男女を問わず広い層に人気のある水卜アナを起用すれば、現在の爆死状態からは復調を見込めそうだ。また水卜アナ自身が報道分野を希望しているとの観測もあり、この起用は相思相愛になりそう。一方で有働アナにとっては「キャスター失格」を宣告されたも同然だが、就任時に結果が出なかったら「どうぞクビにしてくれて構わない」と啖呵を切った手前もあり、表立って反対するわけにもいかないだろう。

 しかし、水卜アナの横滑りについては決して起死回生策とはならず、むしろ日テレの首を絞めかねない恐れすらあるというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「問題点は二つあります。ひとつは水卜アナがサブMCを担当している『スッキリ』から彼女が抜けることの影響が大きいことです。朝の情報番組は激戦地区で、『スッキリ』はライバルとなる『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)や『とくダネ!』(フジテレビ系)の後塵を拝しています。これで人気者の水卜アナが抜ければ、さらに差を付けられますし、メインMCでクセの強い加藤浩次をほかのアナウンサーで御しきれるのかという点も懸念されます。いくら『news zero』をテコ入れしたところで、『スッキリ』が壊滅したら本末転倒でしょう」

 そしてもう一つの問題は、「news zero」の制作体制にあるという。テレビ誌のライターが続ける。

「有働アナは『news zero』のメインキャスターを務めるだけでなく、ニュースのチョイスなど番組の内容にも関わっています。そのせいで以前の『NEWS ZERO』時代に比べて内容が情報番組寄りに変化し、報道番組としての深みが失われたと批判されているのです。それゆえ、たとえ水卜アナを投入したところで、番組の内容自体に変化がなければ、23時台の報道番組に高いニュース性を求める視聴者はそっぽを向いたまま。それでは“水卜アナの持ち腐れ”になりかねません。番組の刷新を図るなら、元凶である有働アナの更迭が何よりも先でしょう」

 もはやそこに居るだけでマイナスの有働アナはまさに四面楚歌の状況にあるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
「まき餌ですよ」小島瑠璃子の熱愛報道への大久保佳代子の分析に同意者続出!
3
板野友美、「よつんばい小ぶりヒップ全開」動画は“新たな相手”探しのアピール!?
4
ギリギリすぎた?小嶋陽菜、「バストの奥見えすぎ事故」にヒカキンが紳士的対応!
5
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ