女子アナ

「news zero」水卜麻美アナ起用の秘策が日本テレビの首を絞めるワケ

 もはや有働由美子アナではもたない!そんな悲鳴が局内からあがってきているのか。視聴率が低迷している報道番組の「news zero」(日本テレビ系)を巡り、同局のエースである水卜麻美アナを投入するプランが複数のメディアで取りざたされている。

 確かに男女を問わず広い層に人気のある水卜アナを起用すれば、現在の爆死状態からは復調を見込めそうだ。また水卜アナ自身が報道分野を希望しているとの観測もあり、この起用は相思相愛になりそう。一方で有働アナにとっては「キャスター失格」を宣告されたも同然だが、就任時に結果が出なかったら「どうぞクビにしてくれて構わない」と啖呵を切った手前もあり、表立って反対するわけにもいかないだろう。

 しかし、水卜アナの横滑りについては決して起死回生策とはならず、むしろ日テレの首を絞めかねない恐れすらあるというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「問題点は二つあります。ひとつは水卜アナがサブMCを担当している『スッキリ』から彼女が抜けることの影響が大きいことです。朝の情報番組は激戦地区で、『スッキリ』はライバルとなる『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)や『とくダネ!』(フジテレビ系)の後塵を拝しています。これで人気者の水卜アナが抜ければ、さらに差を付けられますし、メインMCでクセの強い加藤浩次をほかのアナウンサーで御しきれるのかという点も懸念されます。いくら『news zero』をテコ入れしたところで、『スッキリ』が壊滅したら本末転倒でしょう」

 そしてもう一つの問題は、「news zero」の制作体制にあるという。テレビ誌のライターが続ける。

「有働アナは『news zero』のメインキャスターを務めるだけでなく、ニュースのチョイスなど番組の内容にも関わっています。そのせいで以前の『NEWS ZERO』時代に比べて内容が情報番組寄りに変化し、報道番組としての深みが失われたと批判されているのです。それゆえ、たとえ水卜アナを投入したところで、番組の内容自体に変化がなければ、23時台の報道番組に高いニュース性を求める視聴者はそっぽを向いたまま。それでは“水卜アナの持ち腐れ”になりかねません。番組の刷新を図るなら、元凶である有働アナの更迭が何よりも先でしょう」

 もはやそこに居るだけでマイナスの有働アナはまさに四面楚歌の状況にあるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策