芸能

百恵は“哀愁”、淳子は“意外性”

 今のように「分業制」ではなく、70年代のアイドルはレコード、ドラマ、映画、グラビア、バラエティの全てをこなした。そして山口百恵と桜田淳子は、女優というジャンルにおいても非凡な才を発揮する。テレビが一家のものであった時代、2人は「ドラマ」で多くの人々を魅了した。

初ヒロインで淳子が女優開眼

 沖縄海洋博を間近に控えた75年6月、そのドラマは格別な期待感を持たせた。主演が郷ひろみ、ライバルが西城秀樹、その恋人が桜田淳子、そして第1回のゲストに山口百恵─トップアイドルがそろい踏みした「あこがれ共同隊」(TBS)は、当時、熊本に住む中学2年の筆者の胸を高鳴らせた。

 同ドラマを担当した演出家の堀川とんこうが振り返る。

「TBSの金曜8時は、裏に日本テレビの『太陽にほえろ!』があって、これまで何をやってもダメ。それなら、売れているアイドル歌手を集めようという発想になったんです」

 もし、主演の「赤い疑惑」(TBS)が控えてなければ、百恵もレギュラーだったかもしれなかった。局からの至上命令を可能にしたのは、堀川と同期入社の今里照彦の存在だった。今里は多くの歌番組を手掛けて音楽系の事務所と強いパイプがあり、不可能と思われた「高2トリオ(当時)」と「新御三家」の合体を実現させた。

 さらに主題歌は吉田拓郎が提供した「風の街」(歌・山田パンダ)で、コーラスに若き日の山下達郎が参加した豪華盤となった。堀川は、こうした“お膳立て”を背に、第1話の演出に入った。

「百恵ちゃんは最初の1本だけ出てもらったけど、とにかく話題性を持たせることに必死だったから。森本レオや三田佳子は僕のほうでブッキングできたけど、あれだけのアイドル歌手を集められたのは今里のおかげだったね」

 舞台は当時、にわかに注目を集めていた原宿。主演の郷はここでファッションデザイナーを目指すというトレンディドラマの先駆けのような設定だった。

 そして淳子は西城の恋人役であったが、見せ場は第7話に用意された。西城は不治の病に侵され、ジョギング中に池に落ちて心臓の発作で命を落とす。この瞬間に立ち会った淳子の演技が、堀川には印象深い。

「池の中から西城君を抱き起こして叫ぶシーンが、とても鮮やかだった記憶がある。もともと器用な子だけど、恋人の死に向き合う局面で、女優として何かを乗り越えたんじゃないかな」

 淳子にとって初めてヒロインを演じたドラマだったが、残念ながら「太陽にほえろ!」を打ち負かすには至らなかった。全26話の予定が視聴率不振で17話に短縮された。

 堀川はこのドラマから3年後、百恵と三浦友和を起用した単発ドラマ「風が燃えた」(78年/TBS)を担当する。伊藤博文の生涯を描き、三浦が若き日の伊藤に、百恵は妻・梅子の若き日に扮した。

 多忙の百恵は夜中に撮影に入ることもたびたびあったが、堀川の目にも三浦とのコンビは「実に生き生き」と映った。視聴率も34・4%と驚異的な成果を収める。

 また、堀川らが果たせなかった「金曜8時戦争」の悲願は、79 年に始まった「3年B組金八先生」によって達成される。それは同時に百恵や淳子、新御三家から、アイドルの主流がたのきんトリオや三原順子ら「80年代組」に移行したことの象徴でもあった─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?