芸能

ジェジュンのファンもガッカリ?「ダウンタウンDX」が完全に再放送だった!

 かつて東方神起のメンバーとして人気を博し、現在はJYJで活動しながらソロ活動を活発化させている韓流スターのジェジュンが、11月29日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演。ソウルの5億円豪邸などを公開した。

 2年ごとに引っ越すというジェジュンは、新しい家に合わせて家具を買いそろえるため、それまでの家具は全部捨ててしまうと仰天告白。ネットニュースなどでも報じられていたが、肝心のジェジュンファンにとってはそのニュースに何のありがたみもなかったのだという。テレビ誌のライターが指摘する。

「今回は『芸能人の私物を風水鑑定!涙と怒りも大放出スペシャル!』と題した特別編という触れ込みでしたが、放送を見たファンからは『これって前にも見たよね?』という声が続出。というのもジェジュンの登場シーンは、7月12日に放送されたVTRをそっくりそのまま再放送したものだったからです。しかし番組では一言も“再放送”や“総集編”といった言葉を使わず、まるでジェジュンが自宅を初公開したかのようなノリ。他のゲスト出演者についても過去のVTRを流していただけで、未公開シーンすら盛り込まないという、あまりにお手軽な番組作りになっていました」

 それでもジェジュンのファンからは「再放送であってももう一回彼が見られるならいい」という声もあがっていたようだ。しかし今回の日本テレビの制作体制は、他局に比べてお粗末に過ぎるというのである。テレビ誌のライターが続ける。

「ジェジュンのような外国人タレントの場合、自宅を毎回取材するわけにもいかず、既存の素材を使いまわすことは珍しくありません。8月8日放送の『イッテンモノ』(テレビ朝日系)でジェジュンの自宅を紹介した時には、今回の『ダウンタウンDX』で映されていたのとまったく同じ写真を使っていました。ただ『イッテンモノ』のほうではジェジュンが日本国内で撮影したインスタライブの動画を使うなど新規の素材も盛り込むことで、オリジナリティを出していたのです。それに対して日テレでは過去のVTRに何のひねりも加えずそのまま再放送したのですから、いくらコスト削減とは言えあまりにお手軽すぎ。これなら最初から『あの人気シーンを再放送!』と銘打ったほうがまだ、視聴者も納得したことでしょう」

 テレビ番組の内容を元に記事を書くメディアは、それが再放送かもしれないということを常に肝に銘じておいたほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」