芸能

ジェジュンのファンもガッカリ?「ダウンタウンDX」が完全に再放送だった!

 かつて東方神起のメンバーとして人気を博し、現在はJYJで活動しながらソロ活動を活発化させている韓流スターのジェジュンが、11月29日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演。ソウルの5億円豪邸などを公開した。

 2年ごとに引っ越すというジェジュンは、新しい家に合わせて家具を買いそろえるため、それまでの家具は全部捨ててしまうと仰天告白。ネットニュースなどでも報じられていたが、肝心のジェジュンファンにとってはそのニュースに何のありがたみもなかったのだという。テレビ誌のライターが指摘する。

「今回は『芸能人の私物を風水鑑定!涙と怒りも大放出スペシャル!』と題した特別編という触れ込みでしたが、放送を見たファンからは『これって前にも見たよね?』という声が続出。というのもジェジュンの登場シーンは、7月12日に放送されたVTRをそっくりそのまま再放送したものだったからです。しかし番組では一言も“再放送”や“総集編”といった言葉を使わず、まるでジェジュンが自宅を初公開したかのようなノリ。他のゲスト出演者についても過去のVTRを流していただけで、未公開シーンすら盛り込まないという、あまりにお手軽な番組作りになっていました」

 それでもジェジュンのファンからは「再放送であってももう一回彼が見られるならいい」という声もあがっていたようだ。しかし今回の日本テレビの制作体制は、他局に比べてお粗末に過ぎるというのである。テレビ誌のライターが続ける。

「ジェジュンのような外国人タレントの場合、自宅を毎回取材するわけにもいかず、既存の素材を使いまわすことは珍しくありません。8月8日放送の『イッテンモノ』(テレビ朝日系)でジェジュンの自宅を紹介した時には、今回の『ダウンタウンDX』で映されていたのとまったく同じ写真を使っていました。ただ『イッテンモノ』のほうではジェジュンが日本国内で撮影したインスタライブの動画を使うなど新規の素材も盛り込むことで、オリジナリティを出していたのです。それに対して日テレでは過去のVTRに何のひねりも加えずそのまま再放送したのですから、いくらコスト削減とは言えあまりにお手軽すぎ。これなら最初から『あの人気シーンを再放送!』と銘打ったほうがまだ、視聴者も納得したことでしょう」

 テレビ番組の内容を元に記事を書くメディアは、それが再放送かもしれないということを常に肝に銘じておいたほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「22歳で死去」木村花さんの「凄絶現場」を格闘技ライターが克明証言