スポーツ

“女王”メドベージェワ選手がバッシングにさらされているワケとは?

 世界女王に2度輝き、平昌五輪では銀メダルを獲得した、フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ選手。今シーズンは練習拠点をカナダに移し、ブライアン・オーサーコーチのもとで指導を受けているが、思うような成績を残せていない。そのためか、かつての“絶対女王”である彼女がロシアでバッシングを受け続けているという。

「そもそも、ロシアを出て海外での指導を求めたことが、ロシア国内で非難を浴びたんです。ドーピング問題でロシアの参加が危ぶまれた平昌五輪前、メドベージェワ選手は事態打開のためにロシアのスポーツ界を代表してIOCで出場を訴えたほど、ロシアのスポーツ界の代表的存在でした。そんなメドベージェワ選手がロシアを出るという決断が、“ロシアを捨てる”と取られてしまったんです」(スポーツライター)

 メドベージェワ選手へのバッシングはカナダに拠点を移したことだけではなく、GPカナダ大会で3位、フランス大会で4位に終わり、成績が今一つ振るわないことからも批判がエスカレートしたようだ。だが、そんなメドベージェワ選手を擁護する声が、他ならぬロシア・フィギュアスケート界から上がっている。

「ロシアのフィギュア界の重鎮たちが、次々と声をあげているんです。羽生結弦選手も敬愛する“皇帝”エフゲニー・プルシェンコはメドベージェワ選手を自分たちみんなが応援しているとエールを送りました。プルシェンコなどの名選手を育てたコーチのアレクセイ・ミーシンは、裏切ったとか裏切られたと言った上品ではない陰口をやめて、メドベージェワ選手の競技について論じようと呼びかけました。タチアナ・タラソワコーチも、メディアやファンが身の毛のよだつような悪行でメドベージェワ選手に襲い掛かったと批判し、メドベージェワ選手が成し遂げた偉業に目を向けるよう熱く呼びかけ、強くあるためには、敗北も経験しないとならないのだと意見を述べました」(前出・スポーツライター)

 バッシングされたメドベージェワ選手自身がメディアに語ったところによると、SNSには批判が殺到。40~50代の、いい大人の男性までが「裏切り者」「お前が嫌いだ」などと書き込むという怨嗟のメッセージが次々と溜まっていったという。メドベージェワ選手はそんなバッシングを見ることに耐えられず、SNSを見るのをやめ、インスタも今は管理を会社に任せているという。

 向かうところ敵なしで勝利を続け、世界中から賞賛を浴びていたメドベージェワ選手。こんなバッシングに遭う日が来るとは、誰も思わなかったことだろう。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化