芸能

「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!

 学園コメディドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の公式ブログである“出演者ブログリレー”で、ダブルヒロインを務める清野菜名と橋本環奈の道着姿が公開されたのは去る11月21日。同日のブログを担当した橋本が「女子陣も派手なアクションをしてます!」と綴った。画像では聖子ちゃんカットの清野とスケ番ルックの橋本が、道場に掲げられた額の前でポーズを決めている。

 同ドラマで恋のさや当てを演じる二人は、11月4日放送の第4話で道場でのタイマンシーンに挑戦。清野はアクション養成所に通っていた経験があり、片や橋本はアイドル時代に鍛えた身のこなしが持ち味。吹き替えなしでのタイマンは視聴者の間で大きく話題になり、同回では視聴率も初回放送以来の9%台を回復。そんなタイマンシーンの影響は他のドラマにも及ぶという。テレビ誌のライターがささやく。

「本作のライバルは同じ日曜ドラマの『下町ロケット』(TBS系)ではなく、新垣結衣主演の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)だと言われています。というのも今期の日テレドラマでは『獣なれ』の前評判が一番高かったんですが、フタを開けてみれば期待薄だった『今日から』が大健闘。視聴率の直接対決では第8話終了時点で4勝4敗と互角ながら、平均視聴率では9.4%対9.1%と『今日から』が上回っているからです。清野と橋本のタイマンが放送された第4話では、2.5%近くも離して9.1%対6.7%で『今日から』が圧勝しているんです」

 同じ日本テレビのドラマとは言え、制作陣がお互いの視聴率を気にしながら切磋琢磨するのは良好なライバル関係と言える。そしてここでは激烈なヒロイン対決が繰り広げられているというのである。

「橋本は“福田組”の常連として、『今日から』の演出を務める福田雄一監督とは何度もタッグを組んでいます。そして清野と福田監督は今回が初タッグですが、19歳の橋本と24歳の清野によるダブルヒロインは清涼感に満ちあふれた魅力を感じずにはいられません。それに対して『獣なれ』の新垣は今年30歳を迎え、今作では従来のピュア系路線を脱してオトナの女に挑戦。バーでビールを煽ったり、松田龍平とベッドを共にするなど、これまでの殻を破ろうと必死です。それゆえ橋本&清野のピュア系コンビが鮮烈なタイマンシーンを披露すれば、これまで新垣の代名詞だったピュア系女優のイメージを奪い取れるはずで、ただでさえ視聴率低迷に苦しむ『獣なれ』を完全に追い落とすこともできる、という思惑があったはず。つまり第4話のタイマンシーンはまさに、ガッキー潰しだと言えるのです」(前出・テレビ誌ライター)

 ほぼ「獣なれ」の不調は確定的で、ドラマ好きの間では2018年10月期は「今日から俺は!!」がヒットを飛ばしたクールとして記憶されるはず。今や新垣にとっては女優としてひとつの転換点を認識することを余儀なくされているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは