芸能

「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!

 学園コメディドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の公式ブログである“出演者ブログリレー”で、ダブルヒロインを務める清野菜名と橋本環奈の道着姿が公開されたのは去る11月21日。同日のブログを担当した橋本が「女子陣も派手なアクションをしてます!」と綴った。画像では聖子ちゃんカットの清野とスケ番ルックの橋本が、道場に掲げられた額の前でポーズを決めている。

 同ドラマで恋のさや当てを演じる二人は、11月4日放送の第4話で道場でのタイマンシーンに挑戦。清野はアクション養成所に通っていた経験があり、片や橋本はアイドル時代に鍛えた身のこなしが持ち味。吹き替えなしでのタイマンは視聴者の間で大きく話題になり、同回では視聴率も初回放送以来の9%台を回復。そんなタイマンシーンの影響は他のドラマにも及ぶという。テレビ誌のライターがささやく。

「本作のライバルは同じ日曜ドラマの『下町ロケット』(TBS系)ではなく、新垣結衣主演の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)だと言われています。というのも今期の日テレドラマでは『獣なれ』の前評判が一番高かったんですが、フタを開けてみれば期待薄だった『今日から』が大健闘。視聴率の直接対決では第8話終了時点で4勝4敗と互角ながら、平均視聴率では9.4%対9.1%と『今日から』が上回っているからです。清野と橋本のタイマンが放送された第4話では、2.5%近くも離して9.1%対6.7%で『今日から』が圧勝しているんです」

 同じ日本テレビのドラマとは言え、制作陣がお互いの視聴率を気にしながら切磋琢磨するのは良好なライバル関係と言える。そしてここでは激烈なヒロイン対決が繰り広げられているというのである。

「橋本は“福田組”の常連として、『今日から』の演出を務める福田雄一監督とは何度もタッグを組んでいます。そして清野と福田監督は今回が初タッグですが、19歳の橋本と24歳の清野によるダブルヒロインは清涼感に満ちあふれた魅力を感じずにはいられません。それに対して『獣なれ』の新垣は今年30歳を迎え、今作では従来のピュア系路線を脱してオトナの女に挑戦。バーでビールを煽ったり、松田龍平とベッドを共にするなど、これまでの殻を破ろうと必死です。それゆえ橋本&清野のピュア系コンビが鮮烈なタイマンシーンを披露すれば、これまで新垣の代名詞だったピュア系女優のイメージを奪い取れるはずで、ただでさえ視聴率低迷に苦しむ『獣なれ』を完全に追い落とすこともできる、という思惑があったはず。つまり第4話のタイマンシーンはまさに、ガッキー潰しだと言えるのです」(前出・テレビ誌ライター)

 ほぼ「獣なれ」の不調は確定的で、ドラマ好きの間では2018年10月期は「今日から俺は!!」がヒットを飛ばしたクールとして記憶されるはず。今や新垣にとっては女優としてひとつの転換点を認識することを余儀なくされているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫