事件

カルロス・ゴーンを待ち受ける刑務所「過酷労働10年」(2)高齢受刑者のおむつ替えも

 この喜連川刑務所は、炊事や洗濯など施設の運営に関わる作業とは別に、多くの民間企業から仕事を受注、受刑者に仕事を振り分けている。受刑者A氏が解説を加える。

「受刑者には平等に刑務作業が割り当てられます。土日は休みですが、平日は1日約7時間は労働をしなければいけません。喜連川には33の工場があって、仕事内容もバラバラ。資格が取れそうなやりがいのある仕事もあれば、退屈極まりない単純作業もあります」

 一方、元受刑者のB氏が作っていたのは、トイレなどに置く消臭剤だった。その作業内容を聞くと、

「『消臭元』は、ろ紙が容器の中の液体を吸い上げる仕組みになっていて、自分はこのパーツにろ紙を巻く作業をしていました。初心者は1日頑張ってせいぜい300個がやっと。熟練者になると1400個くらい作れるようになるんです」

 この工場は空調が効いていたので過ごしやすかったそうだが、厳しい監視の前では、一瞬たりともサボることは許されなかった。

「作業中は顔を上に向ける、横を見る、しゃべる、人を目で追うなど全てNG。担当官に見つかったら、懲罰の対象となります。ひたすら下を向いて作業するので首がメチャクチャ痛くなります。ゴーンにだって容赦ないはずですよ。作業工場の中では担当者が王様だから、従うしかないんです」(B氏)

 一方、井川氏が配属されたのは図書工場だった。受刑者に差し入れされた書籍の中身をめくって、手紙や金属類が入っていないか、検閲や管理を行うのが主な作業である。

「図書係は刑務所の中ではホワイトカラー。肉体労働もないのですが、食事の量もちょっと多いんです。行きたくなかった配属先は、お年寄りを相手にしたりする衛生係ですね。でもちなみに、衛生係はみんなやりたがるんです。おむつを替えたり下の世話をするなど、仕事がきつい分、仮釈放が早いっていう噂があった。慣れたらクソもつかめるっていうけど、潔癖性の私には無理。便器の上に裸で仁王立ちになって飯を食っている受刑者もいて、とても相手にできない(笑)」

 少なくとも日本語がたどたどしいゴーン容疑者が、図書係に配属されることはなさそうだ。元受刑者のC氏が有力な配属先として挙げるのが、「カットわかめ」と「イカソーメン」の製造工場だ。

「長さ1メートルくらいの乾燥ワカメを手で細かくちぎって、誰もが知るアノ製品の状態にするのですが、コレがめちゃくちゃ寒い。真冬でも暖房なしで、震えながらワカメを粉々にカットしていました。イカソーメンのカットをする仕事は、切る幅は何ミリと細かく決められ、かなりのスキルが求められます。長時間、立った状態で全神経を手元に集中しなければならず、腰を痛める受刑者が続出。冬でも冷房をガンガンにかけているので、もう少しで凍傷になるところでした。ゴーンは日産で『コストカッター』と恐れられていたので、カット作業は得意だと思うんですよね」

 15年にはスローガンに「技術の日産」を打ち出しただけに、お手並み拝見だ。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
2
指原莉乃が語った「悩み」が物語るAKBグループ卒業後「大ブレイク」の予感!
3
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
4
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
5
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由