スポーツ

オジュウチョウサンの障害馬部門の扱いは?気になる2018年JRA賞の行方!

 年の瀬が迫り、そろそろ2018年度JRA賞の話題も出始めてきた。

「競走馬に関する表彰(10部門)について言えば、今のところ最優秀3歳牝馬&年度代表馬、最優秀短距離馬、最優秀ダートホース部門はまったく問題ない。それぞれ、アーモンドアイ、ファインニードル、ルヴァンスレーヴで決まりでしょう」

 とは、競馬誌編集者。それを除く6部門に関しては今後のGIの結果次第となりそうだが、特に問題となりそうなのが、最優秀2歳牝馬の選出だ。

「グランアレグリアは、藤沢厩舎がCルメールの香港遠征もあって朝日杯FS(GI=12月16日)に回してきた。もしこの馬が同レースを勝利した場合、9日に阪神ジュベナイルF(GI)を勝ったダノンファンタジーと同列で重賞2勝馬が2頭となり厄介。投票する記者さんも頭を悩ますことになるでしょう」(前出・競馬誌編集者)

 最優秀2歳牡馬の方は、札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳Sを制したニシノデイジーが頭一つ抜けた存在だが、同馬は朝日杯FSを使わずに12月28日のホープフルS(GI)の方に回る。ここでクラシック候補の呼び声高いサートゥルナーリア(2戦2勝)と戦うため、勝ったほうが最優秀2歳牡馬となりそうだ。

「中山グランドジャンプ(GI)の勝利を最後に、障害から平地に“転向”したオジュウチョウサンの扱いも気になるところ。中山大障害(GI=12月22日)の結果がどうあれ、この馬が最優秀障害馬にふさわしいとの声は多く聞こえますが…」(前出・競馬誌編集者)

 いずれにせよ、2018年度の「JRA賞選出」は例年になくおもしろい。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発