芸能

のん、「新宣材写真」が「女優復帰への遠い道のり」を物語っていた!

 先ごろ公式サイトがリニューアルされた、女優の「のん」の再ブレイクはあるのか──。

「刷新されたサイトは、黄色が基調の勢いを感じさせるデザイン。同時に公開された宣材用の写真も、手にマイクを持ちギターを提げたのんが、力強く目線をこちらに向ける躍動感のあるものになっています」(芸能ライター)

 のんはこれに合わせ〈早く一新したくて、2019年始まで待たず、年の瀬のこのタイミングで発表しました。気持ちが抑え切れないのがのんです〉とコメントを出し、まずは12月23日に横浜で行われるワンマンライブ、今年9月に台風で中止となった公演の“リベンジライブ(2月14日=川崎)”に向けての意気込みを語っている。

「横浜のライブはすでに売り切れており、サイトが12月1日にプレオープンした際にはアクセスの集中で、しばらくつながりにくい状態が続いたほど。いろいろあった彼女ですが、まだそれだけ注目度を維持しているということです」(レコード会社関係者)

 のんは2015年、前事務所・レプロエンタテインメントからの独立騒動を起こし、それまで使っていた「能年玲奈」の芸名が使用不可となったために「のん」に改名。しかし、個人事務所への移行とともに完全に干される状態が続いた。

「今年4月になり、レプロの公式サイトから『能年玲奈』の名が消え、10月には“和解説”も飛び出したことから、ようやくトラブルが完全解決されたかに見えた。しかし、しこりはいまだ残っているとされ、人気タレントが多く在籍しているレプロに対し民放各局が忖度している状況は変わっていない。そのため、のんサイドとしては、他のタレントやテレビ局との関わりを必要としない、アーティスト活動からの活路を見出そうとしていると考えられるんです。つまり今回出された宣材写真が、その来年以降の方向性を物語っているというわけです」(芸能プロ関係者)

 女優復活が先か、忘れ去られるのが先か。まだしばらくは粘りの時が続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像