芸能

小柳ゆき、“所属事務所と不協和音”で「独立騒動」の深淵!

 90年代末から2000年代初頭に人気を集めた歌姫・小柳ゆきに独立騒動が浮上しているという。

 小柳は99年にリリースしたデビュー曲「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」や「愛情/can’t hold me back」、「be alive」などヒットを飛ばし、その高い歌唱力から“和製マライア・キャリー”とも呼ばれた。

 そんな小柳に、最近になって所属事務所との間で不協和音が聞こえてきているという。

「小柳さんは近年、自身の活躍の場が狭まっているのは所属事務所の怠慢と思っているフシがあるそうで、独立の話も持ち上がっています」(大手レコード会社のスタッフ)

 とはいえ、小柳が所属するのは泣く子も黙る芸能界の重鎮S氏が率いる大手芸能事務所である。

「最近は実質的なマネージメントをSさんの義理の息子が社長を務める系列の事務所が担当しているようです。シビアな話、いくら歌唱力がすぐれているとはいえ、現在の小柳さんのタレント価値はお世辞にも高いとは言えません。それでも過去の実績も加味して社長みずから慰留に動いているようです」(前出・大手レコード会社スタッフ)

 人気絶頂時ならいざ知らず、このタイミングでの独立には何のメリットもなさそうだが…。

「かつての歌姫の独立騒動といえば、つい最近話題になった広瀬香美が記憶に新しいと思いますが、彼女たちが勘違いしてしまうのも仕方がない部分がある。小柳にしろ、広瀬にしろ、音楽業界が一番華やかだった時代にブレイクしたアーティストですからね。ネットの普及などのあおりを受けて不景気極まる昨今の音楽業界は、そこそこ名の知れたアーティストですら食うのがやっとなわけですが、若い時分にいい時代を思いっきり味わい、この世界にどっぷりと浸かってしまっているぶん、いまだにその時代の感覚を引きずりがちです。加えて、ヒット曲こそ出ていませんが、実績や知名度はあるので、今も小規模会場でコンサートをやればそこそこ埋まるし、周囲のスタッフも自分が嫌われてまでシビアな現実を教えようとは思わない。結果的に自分の今の実力を過信してしまうわけです」(前出・大手レコード会社のスタッフ)

 一時代を築いた歌姫ならではの宿命か!?

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)