芸能

誰にも打ち明けていなかった…大沢たかおと広瀬香美「驚きのカップル」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 FAXが一般的に普及した90年代、当時は編集部に置かれた1台のFAXには、それこそ芸能プロや映画制作会社、テレビ局からひっきりなしに制作発表等の「お知らせ」が入ったのものだが、中には芸能人の突然の結婚や離婚報告が紛れ込んでいた。

 そんな中の一組が、99年3月23日に入籍し、3日後の26日にマスコミ各社に連名でFAXを送付して電撃結婚を報告した大沢たかおと、2歳年上のシンガー・広瀬香美だった。

 ただ、悲しいかな、筆者が所属する編集部をはじめ、芸能マスコミは、この2人が交際していたことさえ知らず、全くのノーマーク。しかも、SNSに名前を入れればパッとデータが出てくる時代ではない。まずは、モデル出身の人気俳優・大沢と、93年の「ロマンスの神様」の大ヒットで知られる「真冬のポップ・クイーン」広瀬という意外なカップルの、接点探しから取材がスタートした。

 すると、大沢が主演する95年公開の映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」の主題歌を広瀬が担当していたことが判明。それをきっかけに交際が始まったことがわかり、映画関係者を片っ端から取材することになった。

 ところが、2人とも仕事仲間には一切打ち明けていなかったのか、取材した映画関係者は、

「いや~驚きました。全然知らかった。ただ、大沢さん、ロケ先にいつもアコギ持参で、ブルースなんかを歌っていたからね。もしかしたら、彼女の影響があったのかも。ただ、彼、極度の照れ屋だからね、言い出しにくかったのかなぁ」

 2人は米ロサンゼルスで、親族と身内だけで挙式。FAX送付から4日後の3月30日、単独会見に臨んだ大沢は、

「ファンから『うそつき』というメッセージがたくさん入りました。(発表の)順番が違うと言われて。こういう会見は初めてなんで、緊張して声が上ずってます。とにかく、とっても幸せなんですよ」

 と、照れることしきり。

「僕は基本的に暗い人間。彼女は皆さんご存じのように、明るくて正反対のタイプ。そういうところに惹かれた」

 前年秋には結婚を意識したそうだが、

「プロポーズは、ドラマのようにはいかないんですねぇ。ダイヤの指輪を贈ったのは、僕の車の中。指輪は僕が選びました。彼女は『ありがとうございました』と言ってくれました」

 さらにそう話すと、汗をぬぐったのである。

 しかし、そんな歓びの会見から6年半後の06年11月28日、2人は結婚時と同様、FAXで離婚を報告。その文面には「私たち夫婦は、別々の道を歩むことになりました」という事務的な文言が記されていた。

 そういえば、会見で大沢は「お互い責任ある仕事をしているので、休めてリラックスできる家庭にしたいと思います。子供は成り行きに任せます」と語っていた。もしかすると、帰る場所に居心地の良さを感じられなくなったのか…。

 とはいえ、むろん1枚のFAXの文面から、それを読みとることは叶わなかったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す