女子アナ

「独立説浮上」NHK桑子真帆が民放バラエティに通用する“理由”とは?

 NHKの桑子真帆アナに独立の可能性が浮上しているという。「日刊ゲンダイDIGITAL」が12月21日配信のニュースで報じた。

 人気と実力を培った女性アナウンサーが、後にフリーへの道を模索することは今に始まったケースではないが、NHKの看板番組である「ニュースウォッチ9」のキャスターを務め、さらには“平成最後の紅白歌合戦”でも総合司会を任される桑子アナは、今や言わずもがなの同局エースであり、独立の決断を下せば、NHKにとって大打撃となることは必至だろう。

「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事内では、桑子アナと上司の間で仕事のやり方をめぐって溝が生じていることや、彼女の本当の希望が報道ではなくバラエティだという関係者の証言が紹介されており、2年連続での紅白司会に抜擢された今こそが、独立に向けた最適なタイミングであるとも綴られている。

 では、バラエティというなかなかに難しそうなジャンルにおいて桑子アナはどの程度通用するのだろうか。

「記事の中でも指摘されている通り、『ブラタモリ』で共演した大御所のタモリから可愛がられているというのは桑子アナの強みになるでしょう。彼女はNHKアナウンサーという立場ながら良い意味で“ユルい空気感”をまとっており、今流行りの“どこか隙のあるイジられ女子アナ”というキャラにはうってつけ。タモリはかねてより『バラエティなんて力を抜いてやらないと長く続けられない』とのポリシーを持っており、桑子のユルさを演出した仕掛け人でもあります」(テレビ誌ライター)

 確かに最近のバラエティでは、シャキシャキと仕事をこなす完璧な“デキる女子アナ”よりも、日本テレビの水卜麻美アナやフジテレビの山崎夕貴アナのようにどこか抜けている女子アナが好かれる傾向にある。

「ブラタモリ」では「初回からアナウンサーであることを忘れている」との“お墨付き”をタモリから頂戴していた桑子アナ。NHKという枠を飛び越え、民放各局で大活躍する彼女の姿はそう遠くない未来に見られるかもしれない?

(木村慎吾)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?