女子アナ

「独立説浮上」NHK桑子真帆が民放バラエティに通用する“理由”とは?

 NHKの桑子真帆アナに独立の可能性が浮上しているという。「日刊ゲンダイDIGITAL」が12月21日配信のニュースで報じた。

 人気と実力を培った女性アナウンサーが、後にフリーへの道を模索することは今に始まったケースではないが、NHKの看板番組である「ニュースウォッチ9」のキャスターを務め、さらには“平成最後の紅白歌合戦”でも総合司会を任される桑子アナは、今や言わずもがなの同局エースであり、独立の決断を下せば、NHKにとって大打撃となることは必至だろう。

「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事内では、桑子アナと上司の間で仕事のやり方をめぐって溝が生じていることや、彼女の本当の希望が報道ではなくバラエティだという関係者の証言が紹介されており、2年連続での紅白司会に抜擢された今こそが、独立に向けた最適なタイミングであるとも綴られている。

 では、バラエティというなかなかに難しそうなジャンルにおいて桑子アナはどの程度通用するのだろうか。

「記事の中でも指摘されている通り、『ブラタモリ』で共演した大御所のタモリから可愛がられているというのは桑子アナの強みになるでしょう。彼女はNHKアナウンサーという立場ながら良い意味で“ユルい空気感”をまとっており、今流行りの“どこか隙のあるイジられ女子アナ”というキャラにはうってつけ。タモリはかねてより『バラエティなんて力を抜いてやらないと長く続けられない』とのポリシーを持っており、桑子のユルさを演出した仕掛け人でもあります」(テレビ誌ライター)

 確かに最近のバラエティでは、シャキシャキと仕事をこなす完璧な“デキる女子アナ”よりも、日本テレビの水卜麻美アナやフジテレビの山崎夕貴アナのようにどこか抜けている女子アナが好かれる傾向にある。

「ブラタモリ」では「初回からアナウンサーであることを忘れている」との“お墨付き”をタモリから頂戴していた桑子アナ。NHKという枠を飛び越え、民放各局で大活躍する彼女の姿はそう遠くない未来に見られるかもしれない?

(木村慎吾)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声