スポーツ

「有馬記念2018」3連単必中座談会(1)オジュウチョウサンが最後の直線で先頭に…

 18年の総決算「有馬記念」が23日に行われる。今年は障害王の「二刀流」にも注目が集まる中、水戸&内海の両記者に加え、芸人・キャプテン渡辺が渾身予想。はたして、平成最後のグランプリを制するのは、どの馬か!

水戸 平成最後となる有馬記念。ファン投票の結果からして、今年はレイデオロ(1位)とオジュウチョウサン(3位)に話題が集まるんだろうな。

内海 天皇賞・秋を制したレイデオロは1番人気に支持されるでしょうし、障害のGIを5勝しているオジュウチョウサンは、障害と平地の「二刀流」ということで、今年メジャーでも大活躍した大谷翔平と世相的にマッチします。

渡辺 でも、バレてる時の世相馬券ほど、こないものはないですから。

内海 確かに(笑)。

渡辺 それにしても、オジュウチョウサンが勝った前走・南武特別では、GI並みの大歓声でした。けっこう人気になるんでしょうね。

水戸 乗り役も(武)ユタカだしな。記念で単勝馬券を買うファンも多いだろうから、単勝10倍前後ぐらいになるんじゃないか。

渡辺 そこまでいきますかね。僕は7、8番人気ぐらいかなと思ってるんですけど、勝ち負けは別として、ユタカさんには見せ場を作ってもらいたい。

内海 有馬は例年、厳しいペースにはならないから、ついては行けるだろう。

渡辺 で、3、4コーナーぐらいからまくって先頭に立てば、場内はもう、大盛り上がりです(笑)。

水戸 全兄のケイアイチョウサンが芝の重賞を勝っているように、血統的背景からしてバカにしちゃいけない。いきなりのGI戦で甘くはないだろうけど、一線級に負けない立派な体をしているし。

内海 ただ、勝ち負けとなると、厳しいでしょう。

渡辺 ですね。それに今年は、4歳馬が圧倒的に強いと思ってるんです。芝1600メートル~2400メートルの古馬GI戦の成績を振り返ると大阪杯(【1】【2】【3】着)、ヴィクトリアM(【2】着)、安田記念(【1】【2】【3】着)、天皇賞・秋(【1】【2】【3】着)、エリザベス女王杯(【1】【3】着)、マイルCS(【2】【3】着)、ジャパンC(【2】【3】着)と、馬券に絡んでいないのは、宝塚記念だけなんですよ。

水戸 確かに世代の強さっていうのは、あるよな。

内海 そういう意味では、昨年の覇者キタサンブラックの6歳世代は、去年3着のシュヴァルグランと、パフォーマプロミスがいる。どちらも馬券に絡んで不思議ない馬ですね。

渡辺 特にシュヴァルグランは、ボウマン騎手に乗り替わるのが怖い。

水戸 おそらくこのメンバーでは一、二を争う血統だけど、勢いがあった去年と比べると、どうしてもな。

渡辺 なので僕は、4歳馬のキセキとレイデオロの一騎打ちと見て、3着当てのレースだと思ってます。

内海 キセキは高評価していますが、レコード決着だったジャパンCを好走して、この秋4戦目。そのあたりは気にはなります。

水戸 そうだな。中山のほうが競馬をしやすいのは確かだが、私は休み明け3戦目の前走がピークだったと思うから、体調をどう見極めるかが重要だろうな。

渡辺 この秋、鞍上の川田騎手はスプリンターズS(1着)、秋華賞(2着)、天皇賞・秋(3着)、マイルCS(3着)、ジャパンC(2着)と、外国人騎手が席捲する中、唯一、日本人騎手で気を吐いていますし、最後に一発やるんじゃないかと。他に前に行く馬もいないし、もう一回、楽逃げがあると思います。

<座談会メンバー>

水戸正晴 サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は40年。穴党にファンが多く、愛称は「水戸万助」。週刊アサヒ芸能で連載「『絶対万券』論」を執筆中。

キャプテン渡辺 ピン芸人。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。競馬歴は23年。11年の有馬記念で180万円の払い戻しを受けるなど、穴党の勝負師。

内海裕介 今春、夕刊フジからサンケイスポーツに移籍。その直後の皐月賞で3連単37万円馬券をヒットさせた今期絶好調の“自称”GIハンター。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
5
吉岡里帆、ベストドレッサー賞受賞で爆裂バストより目立った「妖艶部位」!