社会

「こんにゃく湿布」は体調管理からガン退治にまで期待できる!

 エステで美容に取り入れられたりもし、脚光を浴びているのが、あのこんにゃく。寒暖差の激しい季節の体調管理にも効果抜群と言う。日本こんにゃく協会がこんにゃくを推奨する理由として挙げていることとしては、こんにゃくには食物繊維のグルコマンナンが豊富。整腸作用、便秘解消だけでなく、肥満や生活習慣病の予防・改善などメタボリックシンドロームに役立つことが明らかになっている。さらに、こんにゃくには、卵並みのカルシウムも含まれている…などがある。

 しかしこんにゃくのスゴさはこれだけではなかった。千葉大学医学部や朝日カルチャーセンターの講師を務めている薬剤師で、鍼灸師の平地治美さんはこんにゃくのこんな使い方を勧める。それが「こんにゃく湿布」だ。

「自然療法の第一人者として知られる東城百合子先生が発案された方法で、身体を温めることと、体内の老廃物を出すことの両方ができる優れたセルフケアです」

 やり方は簡単。こんにゃくを鍋で温め、タオルにくるんで身体に当てるだけなのだ。胃腸病や風邪・熱・慢性病・ガン・高血圧・腎臓病・肝臓病・糖尿病・結核、その他疲労などに良いというから何にでも効果が期待できるということだ。簡単だが、作り方、やり方を平地さんに説明してもらう。

【1】こんにゃく2枚を10分ほど茹でる。

【2】こんにゃくをタオルにくるむ。

【3】肝臓と丹田の位置にタオルを敷いた上にこんにゃくを乗せる。脾臓の位置(わき腹)には、濡らした冷たいタオルを置く。

【4】肝臓と丹田の熱いこんにゃく湿布は30分

 脾臓の冷たいタオルは10分で取る。

【5】次に背中を同じように行う。

 こんにゃくを体に当てるだけなのだが、別名を砂払と言われるように身体の毒素を出すのに昔から使われてきたのだ。東城百合子さんによれば、ガン患者の手当てに使ったこんにゃくは翌日には溶けて縮んでしまったり、腐敗臭がしたりすることもあるという。こんにゃくは体内の老廃物を吸収するのだ。だから“治療”に使ったこんにゃくは食べてはいけない。ただし、水につけておけば、縮んで硬くなってしまうまで再利用できるという。

「こんにゃくを体に当てるだけだが、毒素が吸いとられるからか、疲れてだるくなることがある。でもその後、すっきりして体が軽くなる」(平地さん)

 試してみる価値ありとみた。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」