芸能

加藤シゲアキを“ゴリ押し”ドラマ「犬神家の一族」で賀来賢人が輝く結果に!

 12月24日に放送されたスペシャルドラマ「犬神家の一族」(フジテレビ系)に、視聴者から多くの批判が寄せられている。その理由はもちろん、主役の金田一耕助を演じたNEWS・加藤シゲアキの棒演技ぶりだ。ドラマ版で第15代となる金田一役を務めた加藤だが、これまでの錚々たる顔ぶれと比較すると、演技はもちろん名前負けの面も否めないという。

「歴代の金田一耕助役は名役者ぞろいで、中高年世代には古谷一行や愛川欽也の金田一を覚えている人も多いはず。片岡鶴太郎は好き嫌いが分かれたものの、演技自体は評価されていました。その後も役所広司や上川達也らが金田一を好演し、極めつきは第11代の稲垣吾郎。彼は他の横溝正史作品でも金田一耕助を演じており、格好のハマリ役になったのです。最近では池松壮亮や吉岡秀隆といった演技巧者が後釜を務めていましたが、そんな顔ぶれが並ぶ大役に加藤の名前が発表された時は、悪い冗談だと顔をしかめた視聴者も多かったものです。そしてフタを開けてみたら案の定、史上最悪の金田一になってしまったのですから、横溝正史ドラマのファンからは早くも“黒歴史認定”を受けている有様です」(テレビ誌のライター)

 今回の配役に関しては、視聴率低迷のフジテレビがジャニーズに媚びを売ったという説や、金田一に過去扮したもののジャニーズを退所した稲垣への当てつけとしてジャニーズが、ここぞとばかりに“ゴリ押し”した説などがささやかれている。いずれにせよそんな加藤の“ゴリ押し”が、結果として別の共演者を輝かせる皮肉な結果になったというのだ。テレビ誌のライターが続ける。

「白マスクを被り佐清(すけきよ)役を務めた賀来賢人には、『シリアスな演技もうまい!』と絶賛の声が集まっています。その賀来は12月16日に最終回を迎えたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で演じた80年代ヤンキーがハマリ役となり、コミカルな演技が高く評価されました。そして今回は、そのヤンキー役とは真反対と言える佐清役でコミカル要素を封印。叔母・賀来千香子ゆずりの端正な顔立ちを白いゴムマスクで隠しつつ、加藤とはまさに対極に位置する圧倒的な演技力で、本作のキーマンをみごとに演じ切ったのです」

 もはや本ドラマは賀来こそが主人公で、加藤演じる金田一は単なる狂言回しの役だと割り切って楽しんだほうが、精神衛生上も良かったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ナマ派?つける派?NEWS手越祐也の「下半身事情」が明らかに!
2
「チコちゃん」に出演?「新しい地図」テレビ完全復帰までの仰天プラン
3
渡哲也、石原軍団「解散を撤回」の内幕をスッパ抜く!
4
欅坂46、日本武道館公演に一部ファンが「こんな“最後”は…」当惑声のワケ
5
ノー肌着orT型!? 青木愛、「ヒップ割れ目が見える」歩き姿に視聴者が大興奮