芸能

2年連続5000円ワインをフォロー! YOSHIKI、「格付けチェックで配慮」に喝采

 やはり一流は言葉選びのセンスも一流だった。

 X JAPANのYOSHIKIが元日に放送されたバラエティ番組「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2019お正月スペシャル」(テレビ朝日系)に出演。ハズレのワインに対しての配慮あるコメントに称賛の声が上がっている。

 YOSHIKIは1問目で100万円と5000円のワイン飲み比べに挑戦。自身もワインのプロデュースを行っているほどでワイン通であるYOSHIKIなだけに、何なくクリアかと思いきや、飲み比べ中に首を傾げたり、苦笑いを浮かべるなど、意外にも苦戦。思わず、「え、難しい」と本音も飛び出していた。

 しかし何とか100万円のワインを当てることに成功し、ホッとした様子を見せた。そんなYOSHIKIは正解した後に、まず、100万円のワインについて「これは完全に深みが違います。ストーリーが、歴史がわかる」と、5000円のワインとの違いを説明。ただ、簡単に見分けることができたかという質問に対しては「ちょっと揺らぎました。やはりそのすごくB(5000円)のワインもおいしかったので…」と、5000円のワインの味も絶賛するコメントを残している。

 このYOSHIKIのハズレのワインに対する「アフターフォロー」に視聴者は注目したようだ。ネット上では〈安いほうを決して落とさない素晴らしいコメント〉〈高いワインばかり飲んでるみたいな自慢があるのかなって思ったら、全然違った。YOSHIKI、いい奴だな〉〈本当にワインが好きだからこそ、生産者へのリスペクトがあるのが伝わってくる〉など、絶賛する声が上がっている。

「実はYOSHIKIは昨年元日に放送された同番組でも100万円と5000円のワインを当てる問題が出題され、同様の配慮を見せています。YOSHIKIはみごと正解しているものの、問題については『難しかったですね』とコメント。それに続けて、『ボク、アメリカに住んでますけど…100ドル以下、1万円ちょっと以下のワインでもいいの結構あるんですけど。5000円でしたっけ。それで、これだけの味がするっていうのは、これはだまされる人いるんじゃないですか』と、5000円のワインの味もしっかりホメ称えていたんです」(エンタメ誌ライター)

 ワインをプロデュースしている立場とあって、当然のコメントなのかもしれないが、またしてもその好感度が爆上げとなる結果となった。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」