エンタメ

興収100億円突破も!?「ボヘミアン・ラプソディ」、クイーンが日本で大人気なワケ

 フレディ・マーキュリーとバンド「クイーン」を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、1月6日時点の累計興収84億5716万円、観客動員612万3160人を突破。2018年の公開洋画のトップに躍り出たという。

 11月9日の公開からわずか2カ月での快挙。しかもまだまだ数字を伸ばしている。クイーンのファンだった世代はもちろん、クイーンを知らない若い世代にも性別を問わず幅広く支持されているようだ。特徴的なのは、リピート率が非常に高く、ある調査では6回以上見ているヘビーなファンが4%もいるのだとか。

 古くからのクイーンファンでもある女性誌のライターはこう分析する。

「クイーンはもともと、日本での熱狂ぶりから世界に火がついたとも言われるほどで、デビュー当時はアメリカでもイギリスでもそう受けていなかったんです。そんな彼らを日本に紹介し、ブームを巻き起こしたのが音楽雑誌『ミュージック・ライフ』の編集長だった東郷かおる子さん。デビューアルバムを聞いて興味を持って記事を書いていた東郷さんは、アメリカでイギリスのバンドの前座だったクイーンを聞いて、パフォーマンスもみごとで、おしゃれなフレディを見て、これは日本の女の子に受けないわけはないと確信したと言います。東郷さんはこの時に偶然、ロジャー・テイラーとレストランで出くわし、記事を書いた雑誌を見せて感激され、インタビューにも成功しているんです」

 音楽雑誌から盛り上がったところで開催された日本公演では、空港に2000人ものファンが迎えに駆けつけ、武道館でもファンが殺到。失神する女性も続出する、ビートルズ以来の騒動になったという。

「今回の映画は、フレディの孤独や愛を求める気持ち、スターダムにのし上がり成功した彼の葛藤や満たされない思いなどが細やかに描き出され、音楽映画としてだけでなく、人間として、精神面でも問いかけられることの多い映画です。クイーン世代ではない今の若者たちにも受けているのは、そういう面も大きいのです」(芸能ライター)

 まだまだ勢いが収まらないこの映画。このまま行けば、100億円突破もありえるだろう。

(伊藤その子)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!