スポーツ

ドーピング発言騒動も!露フィギュアスケート界で進行する苛烈「世代交代」

 2018年年末、日本でフィギュアスケート全日本選手権が行われていた頃、ロシアでもロシア選手権が開催されていた。注目は、今季カナダに練習拠点を移したものの、GPシリーズは不調に終わったエフゲニア・メドベージェワ選手がどのような結果を残すか。そして、平昌五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手が大会連覇を果たすかという点だったが、大きな番狂わせが起こった。

「前回は、ザギトワ選手が優勝して快進撃を始めたエポックメイキングな大会でした。今回もザギトワ選手が連覇して、その力を誇示するものと思われていました。ところが、フタを開けて見るとSPで1位だったザギトワ選手が総合では5位という結果に終わったんです。しかも、優勝した1位から3位までの表彰台をジュニアの選手が独占するという、かつてない事態だったのです」(スポーツライター)

 1位のアンナ・シェルバコワ選手は、4回転ルッツジャンプを決めたうえにパーフェクトの演技を見せ、2位のアレクサンドラ・トゥルソワ選手も4回転ルッツを成功させ、4回転トゥループで転倒したものの、それ以外はノーミスの演技を見せた。

「ザギトワ選手は2度の転倒があるなど、ジャンプの調子がよくなかったこともありますが、やはり追いかけられるプレッシャーもあるのでしょう。メドベージェワ選手は、SPのプログラムを変えたこともあってか思うように滑れずSP14位という成績が響いたものの、FS単独では4位の成績を残し、総合7位でした。次々とトップ選手が塗り替えられていくところが、ロシアの女子の恐ろしい点ですね」(前出・スポーツライター)

 ジュニアの選手といえば、去る1月21日に、トップ選手の一人、アナスタシア・シャボトワ選手が、ザギトワ選手を輩出しているモスクワのスポーツクラブで「薬物が服用されている」ことを認めるようなビックリ発言をしたばかり。ロシアで騒動になるとすぐにインスタも削除されたといい、発言の真意は不明だったが、ともあれ、日本女子にとっても脅威とも言える、このジュニアの女子選手たち。これからどうなって行くのか、大いに注目していきたい。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
姉・平愛梨を超えた!?平祐奈の胸が急成長しているッ
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)