スポーツ

ドーピング発言騒動も!露フィギュアスケート界で進行する苛烈「世代交代」

 2018年年末、日本でフィギュアスケート全日本選手権が行われていた頃、ロシアでもロシア選手権が開催されていた。注目は、今季カナダに練習拠点を移したものの、GPシリーズは不調に終わったエフゲニア・メドベージェワ選手がどのような結果を残すか。そして、平昌五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手が大会連覇を果たすかという点だったが、大きな番狂わせが起こった。

「前回は、ザギトワ選手が優勝して快進撃を始めたエポックメイキングな大会でした。今回もザギトワ選手が連覇して、その力を誇示するものと思われていました。ところが、フタを開けて見るとSPで1位だったザギトワ選手が総合では5位という結果に終わったんです。しかも、優勝した1位から3位までの表彰台をジュニアの選手が独占するという、かつてない事態だったのです」(スポーツライター)

 1位のアンナ・シェルバコワ選手は、4回転ルッツジャンプを決めたうえにパーフェクトの演技を見せ、2位のアレクサンドラ・トゥルソワ選手も4回転ルッツを成功させ、4回転トゥループで転倒したものの、それ以外はノーミスの演技を見せた。

「ザギトワ選手は2度の転倒があるなど、ジャンプの調子がよくなかったこともありますが、やはり追いかけられるプレッシャーもあるのでしょう。メドベージェワ選手は、SPのプログラムを変えたこともあってか思うように滑れずSP14位という成績が響いたものの、FS単独では4位の成績を残し、総合7位でした。次々とトップ選手が塗り替えられていくところが、ロシアの女子の恐ろしい点ですね」(前出・スポーツライター)

 ジュニアの選手といえば、去る1月21日に、トップ選手の一人、アナスタシア・シャボトワ選手が、ザギトワ選手を輩出しているモスクワのスポーツクラブで「薬物が服用されている」ことを認めるようなビックリ発言をしたばかり。ロシアで騒動になるとすぐにインスタも削除されたといい、発言の真意は不明だったが、ともあれ、日本女子にとっても脅威とも言える、このジュニアの女子選手たち。これからどうなって行くのか、大いに注目していきたい。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」