スポーツ

ドーピング発言騒動も!露フィギュアスケート界で進行する苛烈「世代交代」

 2018年年末、日本でフィギュアスケート全日本選手権が行われていた頃、ロシアでもロシア選手権が開催されていた。注目は、今季カナダに練習拠点を移したものの、GPシリーズは不調に終わったエフゲニア・メドベージェワ選手がどのような結果を残すか。そして、平昌五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手が大会連覇を果たすかという点だったが、大きな番狂わせが起こった。

「前回は、ザギトワ選手が優勝して快進撃を始めたエポックメイキングな大会でした。今回もザギトワ選手が連覇して、その力を誇示するものと思われていました。ところが、フタを開けて見るとSPで1位だったザギトワ選手が総合では5位という結果に終わったんです。しかも、優勝した1位から3位までの表彰台をジュニアの選手が独占するという、かつてない事態だったのです」(スポーツライター)

 1位のアンナ・シェルバコワ選手は、4回転ルッツジャンプを決めたうえにパーフェクトの演技を見せ、2位のアレクサンドラ・トゥルソワ選手も4回転ルッツを成功させ、4回転トゥループで転倒したものの、それ以外はノーミスの演技を見せた。

「ザギトワ選手は2度の転倒があるなど、ジャンプの調子がよくなかったこともありますが、やはり追いかけられるプレッシャーもあるのでしょう。メドベージェワ選手は、SPのプログラムを変えたこともあってか思うように滑れずSP14位という成績が響いたものの、FS単独では4位の成績を残し、総合7位でした。次々とトップ選手が塗り替えられていくところが、ロシアの女子の恐ろしい点ですね」(前出・スポーツライター)

 ジュニアの選手といえば、去る1月21日に、トップ選手の一人、アナスタシア・シャボトワ選手が、ザギトワ選手を輩出しているモスクワのスポーツクラブで「薬物が服用されている」ことを認めるようなビックリ発言をしたばかり。ロシアで騒動になるとすぐにインスタも削除されたといい、発言の真意は不明だったが、ともあれ、日本女子にとっても脅威とも言える、このジュニアの女子選手たち。これからどうなって行くのか、大いに注目していきたい。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
3
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ
4
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは