芸能

「2019春ドラマヒロイン」たちのサービス現場を見た!(3)竹内結子は共演者と結婚間近?

 日本テレビ系「人生が楽しくなる幸せの法則」に主演する夏菜(29)は、撮影現場でスタッフに「変顔」を披露し続けている。

 そもそも、このドラマは原作どおり「ちょうどいいブスのススメ」というタイトルだった。それが放送開始の直前、ネット上でのクレームを受けて、タイトル変更となる騒動に見舞われたのだ。それでも、現場の雰囲気は上々なのだという。

「ムードメーカーとなっているのが、まさに夏菜。『ブス』がテーマの作品のため、彼女はドラマ内でたびたび変顔を披露するのですが、現場でもスタッフやキャストに最新の変顔を見せて作品に生かすべく感想を聞いて回っているんですよ」(日テレ関係者)

 昨年8月に放送された「ダウンタウンなう」(フジ系)で変顔が得意なことを明かしていた夏菜だが、ドラマの現場でも爆笑をかっさらっているようだ。

「それでも気を抜いて作った表情が、どう見ても『イキ顔』にしか見えないこともあって、ムラムラさせられるスタッフも続出しているんです」(日テレ関係者)

 フジ系ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」では、竹内結子(38)が6年ぶりの連ドラ主演となった。しかし、ドラマの放送開始と並行して年下俳優との「焼き鳥店デート」が発覚している。焼き鳥店を時間差で出た両者は同じマンションに帰っていったという。両者の関係について、広告代理店関係者が明かす。

「今回、彼女がデートしていた相手は、同じ事務所の後輩・中林大樹です。今クールではTBS系日曜劇場『グッドワイフ』に出演している俳優で、以前から竹内にかわいがられて食事に行く関係だったといいます。同じマンションに帰宅したと報じられていますが、たまたま同じマンションに住んでいるというのが定説です。ドラマの宣伝目的で、事務所関係者がリークしたのではないかと見られていました」

 説明どおりであれば、なんとも肩透かしの感は否めないが、実は本当の熱愛に発展しそうな雲行きなのだという声も。

「竹内には離婚した中村獅童との間に生まれた、現在13歳の男の子がいるのですが、その子供が中林になついているというんです。そのため、竹内は中林を非常に信頼していて、再婚相手の有力候補に浮上してもおかしくありません」(芸能プロ関係者)

 そんな竹内が、新ドラマのスタートに先立って意味深な発言もしていた。

「『QUEEN』のクランクイン直後に行われたキャストとスタッフによる決起集会の場で、作品のヒットを誓ったのですが、付け足すように『今年はプライベートでも幸せになります』と、再婚宣言まで飛び出したんです」(フジ関係者)

 そのため、ドラマスタッフの間で「中林と結婚するつもりでは‥‥」との憶測が現実味を帯びているというのだ。

「中林と焼き鳥店デートをしていた日は『QUEEN』の初回放送日なんですよ。『2人で一緒にドラマの初回放送を見て出かけたのでは』と噂されていますね」(フジ関係者)

 ヒロインたちには、現実でも欲情ドラマが渦巻いているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
4
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
5
旧ジャニーズ勢「12番組全切り」で経費ガッツリ削減も…ラジオ放送を取り巻く厳しい実情