芸能

「活動休止」がいっさい漏洩しなかった嵐とジャニーズ嵐担当の結束力

 1月27日に、2020年12月31日をもって活動休止を発表した嵐。同日行われた会見では、和やかな雰囲気が一変、ピリリとなった質問があった。それは「無責任ではないか?」「大野(智)さんが矢面に立たされるのでは?」というもの。

 これに対し櫻井翔は「われわれからの誠意は2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。それが届くように、これからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、それをもって判断をしていただくことかと」と返答。二宮和也は「もしリーダーが悪者に見えるのであれば、それはわれわれの力不足」と答えた。

 このやり取りに、質問した記者へのバッシングが起こったのだが、1月28日放送の「news zero」(日本テレビ系)で櫻井は「ただ、あの質問をいただいたおかげで結果としてきちんとわれわれの思いの丈が温度を乗せて伝えることができた」と記者を評価した。

「嵐が活動休止に向けて話し合いを始めたのは、2017年6月中旬。つまり、ほぼ1年半をかけて今回の結論に至ったわけです。大野は、その頃からソロの仕事をほぼ入れていません。彼の中では、事務所を辞める準備を視野に入れていたのではないかと思います。けれども、嵐の担当者以外はジャニーズ事務所の社員さえ活動休止を知らされていませんでした。1年半もの間、まったく情報が漏れなかったことに驚きました。それだけ、嵐のメンバー5人とそのスタッフの結束の強さを感じました」(芸能ジャーナリスト)

 櫻井は「news zero」で、嵐の再結成は「ある」と断言した。ファンはこの言葉を信じて、その日を待ち続けることだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる