芸能

ナイナイ岡村、「何でも批判」のネット社会に苦言もネット民からさらなる反撃

 もはやノータッチが一番賢明なのでは?

 ナインティナインの岡村隆史が1月24日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。ネット社会の現状について、苦言を呈した。同回では日清食品ホールディングスがカップヌードルの広告の一環として大坂なおみ選手が登場する動画が削除された問題について特集。同動画では実際の大坂選手よりも肌の色が白く描かれていたとの批判が殺到。結果、動画が削除された。

 岡村はこの騒動についてのネットニュースを見たようで、「誰かが言うやろ。これもあかんで、あれもあかんでと」と、何でもすぐに批判が上がるネット社会について、不満をぶつけた。

 続けて「ネットのニュースとか、(コメントに)《全然どうでもいいんだけど》と打ってるやん。どうでもええんやったらスルーしたらええのに『君、打ってもうてるやん』と思うやんか」

 と、そのネットニュースの中で取り上げられている世間の声についても、どうやら納得いっていない様子だった。

 そこから派生して、テレビ番組に関するネットニュースについてもこうボヤいた。

「『最近のテレビはおもしろくないから全然見てないんです』とか言うて叩いている」「(テレビ見ていないと言いつつ)叩いているのはテレビで見る人ばかりでしょう。(ネットばかり見ているなら)ネットの人を叩けばええやん」

 無関心を装っておきながらもああだこうだ批判をする人々に怒りを露わにしているのだが、この発言がよりネット民たちの怒りを買ってしまったようだ。

「岡村のこういったクレームは自分たちに関するネガティブなネットニュースを見かける機会が多いからというのも影響しているはず。ただ、ネット民たちからは《確かに見てるけど、つまらないのは本当だよ》《これは相当効いてるな(笑)》《自分のネタによほど自信がないんだろうな》など、総攻撃をくらう結果に。一番の解決策としてはナイナイがおもしろければいいのですが、昨年3月に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の『ネタNo.1決定戦』と題した企画で、久々にナイナイがコンビネタを披露するも、テツandトモの持ちネタ『なんでだろう』のパクリ『なんでやねん』を披露して、共演者や視聴者はドン引き。この出来事で、ナイナイはつまらないと世間に認知されてしまいました」(エンタメ誌ライター)

 いずれにせよ、岡村はネットの反応に敏感過ぎるところがあるが、メンタルもそれほど強いわけではないタイプ。あまりネットの反応を気にしすぎて仕事に支障をきたすようことがなければいいが…。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」