芸能

3000回突破!大竹まことのラジオ、「シニア層から大人気」の秘密とは?

 大竹まことがパーソナリティーを務めるラジオ番組「大竹まことゴールデンラジオ!」(文化放送)が1月17日、放送3000回を記録した。月曜から金曜日まで2時間半のこの帯番組は、12年前の07年5月にスタート。放送7カ月で同時間帯の聴取率トップを獲得した。

「ラジオ聴取率はTBSが圧倒的強さを誇りますが、この番組は大竹と同年代のシニア層からの支持が続く超人気番組です。モットーは《下らないけど正直に》、《面白く真剣に》。これに沿った、大竹の120%全力投球の姿勢が高評価なんです。リスナーを励まし、政権にダメ出しをし、世を憂いながらも捨てたもんじゃないと熱く語る。日替わりのパートナー(倉田真由美、はるな愛、壇蜜、光浦靖子、室井佑月)との丁々発止の掛け合いも名物となりました」(スポーツ紙記者)

 記念すべき1月17日の放送はライバル番組の名物パーソナリティー伊集院光をゲストに呼んで語り合った。

「実は、この『ゴールデン‐』、開始当時、大竹が番組を引き受けるまでに何と5回も断ったそうです。5回目の出演のお願いにも『5月にシティボーイズのライブをやるので、4月からの放送は物理的に無理』といったんは拒否。でも、『5月7日(スタート)でいいですよ』と譲歩され、レギュラー番組大歓迎の所属事務所にも押し切られて始めたんだそうです。最初の頃は2~3年で終わると思っていましたが、歯切れのいい本音丸出しトークで人気に火が付いた。で、7~8年続いたところで、ようやく自分の居場所だと感じるようになったそうですね」(芸能ライター)

 大竹といえば、「夕焼けニャンニャン」(フジテレビ系)などでおなじみのガチ切れキャラが浸透していた。口を出せば、手も出す足も出す危険極まりない悪役。アイドルを泣かせたり、暴力をふるったり、はたまたセットを破壊し、出入り禁止になったテレビ局もある。

「とはいえ大竹は、根はマジメで気のやさしい男です。当時は生き残るために期待されるキャラを演じていただけ、といいますね」(女性誌記者)

 60歳を越えて丸くなった。昨年7月、腰椎分離症で入院、休養を余儀なくされ、自身を振りかえり、見つめる時間を持てた。今は健康のありがたみを感謝し、元気な限り出演したいと張り切っている。2月6日にはビートたけしをゲストに招き、言いたい放題やる予定だとか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!