芸能

ギャグにもならない!桂文枝「人間国宝になりたい」発言に非難殺到

「どうしたら人間国宝になれるのかをみなさんにお聞きしたい。1日も早く人間国宝になれることを楽しみにしております」

 1月28日、大阪市内で行われた「上方芸能フェス」の概要発表でそう語ったのは、落語家の桂文枝。

「“みなさん”というのは、この会見に同席した、能楽の三島元太郎、文学の吉田和生、筑前琵琶の奥村旭翠の人間国宝3人を指してのもので、発言自体、ウケを狙ったギャグのようなものでしたが、実際のところ本気も本気、大本気ですよ」

 とはスポーツ紙演芸担当。

 文枝は上方落語協会会長を、03~18年の実に8期15年間務め、その間に「桂文枝」の名跡を継ぎ、紫綬褒章、芸術選奨文部大臣賞、菊池寛賞、旭日小綬章などを受章・受賞している。

「そのため、五代目柳家小さん、三代目桂米朝、十代目柳家小三治につぐ、落語家として4人目の人間国宝への野望実現まであと一歩とも囁かれましたが、2016年に演歌歌手の紫艶に“20年不貞”を暴露され、17年には50代女性との不貞疑惑も報じられた末、上方落語協会会長を退任。以来、話題に上ることはなくなっていましたからね」(スポーツ紙演芸担当)

 今回「人間国宝になりたい」ギャグが世間に受け入れられるはずもなく、ネットには、〈なりたい人がなるものではない。芸の本質に対して謙虚であるべき〉〈あれだけ女性関係がだらしなくても?〉〈他の人間国宝の方々と自身の行いを比較し、どう思われているのでしょう?〉などと批難が殺到したことは、言うまでもない。

 ちなみに、その不貞相手の紫艶は、騒動後の16年9月に艶系女優としてデビュー。かつてグラビアでも披露した自慢のFカップを揺らして昇天しまくるたくましさを見せている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?