芸能

ここまでやるとは!乃木坂46、空港で見送る海外ファンへの親切対応に称賛の声

 日本のファンもこの絡みを心底うらやましがっているようだ。

 台湾のファンが撮影した空港での乃木坂46のお見送り動画がネット上で拡散され、ファンの間で話題を集めている。乃木坂46は27日に台湾の台北アリーナで初の台湾単独公演「NOGIZAKA46 Live in Taipei 2019」を行っているが、今回撮影されたのは、その翌日に台湾を去る乃木坂のメンバーたちの空港での様子。同空港では乃木坂が台湾入りした際にも約400人の現地ファンがメンバーを出迎えていたが、お見送りも同様に多くのファンが集まっていた。

 動画を見ると、台湾のファンたちは片言の日本語で、各々が好きなメンバーたちの名前を叫んでいたが、ほとんどのメンバーがそれに気付くと笑顔でファンに手を振っていた。実際、動画の撮影者は、この日空港に現れた17人いるメンバーのうち、大半のメンバーの名前を呼んでいたが、何と17人中10人のメンバーが撮影者に手を振ったり、何らかのリアクションを見せていた。

「動画での対応の良さが特に目立っていたメンバーを挙げると、秋元真夏と高山一実ですね。秋元は握手会での対応がいいメンバーで有名ですが、動画の撮影者から自身の持ちネタ『ずっきゅん』を求められると、指鉄砲を作り、片目でウインクしながら、その撮影者に向けて撃つ動作を見せて、ファンからは喜びの声が上がっていました。高山も持ちネタである『アメイジング』(『アメイジング』と叫びながら、両手をまっすぐと斜め上に広げるポーズ)を振られると、満面の笑顔でそれに応じていました。ともに1期生メンバーであり、バラエティ番組での活躍ぶりが目立つメンバーですから、ちょっとした触れ合いにも手を抜かずに全力で対応していました」(アイドル誌ライター)

 この動画を見た日本のファンからは「この距離で長時間話せるのは良いねえ」「かずみんの対応は神だろ」「撮影者がただただうらやましい」「ここまで売れてて、これだけのファンサービスができるんだから乃木坂が売れるのがわかるな」など、メンバーの対応を絶賛する声が上がっている。

「乃木坂と番組で共演したX JAPANのYOSHIKIも『乃木坂の人たちって、何て言うんですかね? 売れているのがわかる。努力してるし、その努力を見せずに(頑張っているし)、礼儀正しい』と、メンバーの謙虚さを過去に絶賛していましたね。これから海外にも人気も広げていきたいわけですから、大物ぶって大物感を演出するのではなく、まずは謙虚な姿勢を見せるのが乃木坂らしいですね」(前出・アイドル誌ライター)

 その対応で台湾のファンのハートをガッチリと掴んだことだろう。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”