芸能

高見盛「婚活宣言で気になる、自転車で吉原通い」

 引退会見の席上では「婚活宣言」も飛び出した。角界きっての人気者だった元小結の高見盛(36)。が、最近の私生活に目を移すと、風俗通いにも熱心だという話が伝わってきた。

「高見盛はシャイで有名。ロボコップのニックネームを付けられ、時間いっぱいになると、キングコングのように胸を叩いて観客の拍手喝采を浴びていましたが、あれは自分を鼓舞するためだと聞いていますよ。酔うと誰にでも絡み、以前、自動販売機に絡んで抱きついて相撲を取ったこともありました。実は結構、カネにもシビアで、4~5人で寿司を食べに行き、ガツガツつまんでいても、高いとわかると5000円を置いて先に帰ってしまう」

 こう語るのは高見盛と親しい相撲関係者である。

 相撲取りというと、湯水のように豪快にカネを使うのが相場だが、これなら婚活で相手が見つかっても大丈夫だ。

「数年前、自転車で吉原のソープランドへ出かけたところを写真誌に激写されましたが、移動手段にはほとんど自転車を使います。タクシーに乗るのは場所入りのため両国国技館へ行く時くらいですね。これほどの倹約家ですから、吉原へもそんなに頻繁には行かない。部屋の近くの1LDKのマンションに住み、そこに大好きなデリヘル嬢を呼んでいますよ。部屋は冷蔵庫が1つしかない殺風景な部屋。しかも、その冷蔵庫にもコンセントが入っていないとくる。まあ、早い話『ヤリ部屋』みたいな感じですよ(笑)。家賃が10万くらいだとして、デリヘル料金が高くても2万~3万。吉原のソープに比べれば、安くつくしね」(前出・相撲関係者)

 部屋のチャンコを食べていればカネはかからないので、カネはたまるばかりだという。スポーツ紙記者が語る。

「角界の金持ち番付では、東の横綱が白鵬で西の横綱が高見盛というのが定説。というのも、高見盛は人気NO1でCMの仕事が引きも切らない。これまで永谷園、アサヒビールのCMに出演。出演料はしっかり預金しています。数年前、取得した“振分株”は2億円前後したようですが、高見盛にとっては何でもなかったみたいですね」

 さて、婚活宣言をしただけに、会見では明かさなかった「好みのタイプ」が気になるところだが、

「絶対、巨乳じゃないとダメだそうです。過去に何人か芸能人と噂になりましたが、中でも好きだったのはグラドルの松坂南(28)だと聞いています」(前出・スポーツ紙記者)

 松坂は張り出したバストがなんとLカップ。親密デートが報じられたこともあった。その松坂が言う。

「私はファンみたいなものです。友達も含めて会って和食や中華など食事に行ったのが5、6回でしたが、とにかく相撲の話を一生懸命話すのが印象的でした。人柄も優しく、ニコッと笑った時の顔もステキ。私にプロポーズしたという噂がたったのはたぶん、友達も交えて食事中に『彼女ができたら一緒に住みたいんだ』といった話を高見盛さんがされたのが、曲がって伝わったのだと思います。引退は残念ですけど、相撲もあそこまでやられた方なので何をやっても大丈夫だと思いますよ」

 ちなみに、高見盛には、グラドルの多田あさみ(24)が在籍していた六本木のガールズバーにも足繁く通っていたという証言もある。

「付け人を引き連れ、1週間に多い時は3回も通っていました」(相撲担当記者)

 今後は所属する東関部屋で後進の指導に当たるが、「婚活」で巨乳美女を射止めて、風俗通いのほうも“引退”できればよいが。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像